EUガイドブック 現地レポート

企業事例3 EU販路開拓の取組事例 夢元無双

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

株式会社オージュ・コンサルティングは2013年設立のプロモーションを専門とするコンサルティング会社です。企業の強みを引き出し、整理し、形にしていくことを得意とし、コンセプトの策定から、Webや印刷物をはじめとしたプロモーションツールの制作まで行っています。ストーリーのある企業のプロモーションを多く行っています。 「立川市プレミアム婚姻届」プロモーションほか、製造業、農業、飲食業等の分野にて実績多数。

【インテリアオブジェとして新しい境地を開くけん玉メーカーの海外販路開拓】

株式会社イワタ木工 –広島県廿日市–

今や世界的なブームとなったけん玉(KENDAMA)。数あるけん玉メーカーの中でも、世界中のプレイヤーやファンをひきつけてやまない夢元無双(MUGENMUSOU)というブランドがあるのをご存知でしょうか?

木材選びから長期間の乾燥、均等なフォルムと美しい塗装…徹底したものづくりにより高い評価を受けてきた夢元無双。1万円以上のものが多くを占めるなどけん玉としては高価格帯ながら、世界中から注文が殺到しています。
その夢元無双が、「スポーツけん玉」としてではなく、「オブジェ」の枠組みでパリの見本市メゾン・エ・オブジェに登場しました。

現在、ヨーロッパで2店舗、香港・台湾で3店舗に常設されるのみならず、有名家具メーカーのカッシーナがインテリアオブジェとしてけん玉を展示したり、有名時計メーカーのフランクミュラーとコラボレーションするなど、けん玉のイメージを一新するような取り組みを次々に進める夢元無双。

夢元無双のブランドオーナーであり総合プロデューサーでもある、株式会社イワタ木工の若き創業社長、岩田知真さんにインタビューしました。

【インタビュー・執筆 大森渚(株式会社オージュ・コンサルティング)】

小学生で木工デビュー、高校生の時は製品づくりまで

ーお父様も木工の会社を経営していらっしゃると伺いました。

岩田さん 私が小学校4年生の時に、父が木工業で起業しました。その時から、土日・夏休みはずっと父の工場で手伝いをしていたんですよ。  小学校5年生の時は穴あけ加工ができるようになって、中学生ぐらいになるとろくろ加工をするようになっていました。高校生の時はもう製品まで作っていましたね。

▲代表取締役 岩田知真さん
▲代表取締役 岩田知真さん

ー子どもの頃から木工の修行をしていたわけですね。なぜけん玉作りをしようと考えられたのでしょう?

岩田さん 廿日市はけん玉の町として有名なのですが、大学3年生の時に市からけん玉を作る会社が無くなったので作ってくれないかと言われたんです。今どきはテレビゲームなどもあるので、今更けん玉を作っても売れないんじゃないかと思ったのですが、けん玉をやっている子どもたちを見ているととても集中力が高いんですよね。それに、地域の産業のためにもなるんではないかと思いました。そのようなことが私の心に響いて、ぜひけん玉をやってみたいと思ったんです。

精度や加工を極めて、世界のプレイヤーが認めるけん玉に。

1 2 3 4 5

中小機構 ロゴ