EU EUガイドブック 地域

「ドイツのライフスタイル雑貨市場を知る」市場特性と販路開拓のポイント

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

「日本の“素敵”で世界に“快適”を」をコンセプトに、“素敵”なデザイン、機能、品質がもたらす”快適”を世界中の人たちに届けるべく、自社商品の開発・販売などの製造・卸事業、直営店舗・EC店舗を通じての小売事業展開などをグローバルに行う。

2008年、フランスに現地法人マークス・ヨーロッパを設立し、本格的な欧州市場開拓をスタート。2012年にはドイツ営業所をフランクフルトに開設。そして、2016年12月、直営店初の海外店舗「「マークスタイル トーキョー パリ ル・マレ店」」を開店。

2018年からは自社商品の拡販で培ったノウハウ、2,000社超の顧客ネットワーク、欧州全域をカバーするロジスティック・インフラなどのビジネス・プラットフォームを活用し、欧州市場開拓を目指す日本企業の進出支援事業に乗り出した。

このガイドブックは株式会社マークスに委託して作成しました。

1.ドイツ市場の傾向

  • ドイツ市場の特徴
  • ドイツ・ライフスタイル雑貨市場のトレンド
  • ドイツ市場の消費者像
  • ドイツ市場進出にあたり注意すべき点

ドイツ市場の特徴①

多極分散型の市場

ドイツ市場は日本やフランス、イギリスのような一極集中型ではなく、多極分散型。ドイツの国造りは第2次世界大戦以前の基本構想が戦後にも受け継がれており、東京、パリ、ロンドンなどの超大都市への一極集中を避けて、人口100万人以下の中都市を機能別に全国に分散配置し、各都市間を高速道路網=アウトバーンで結ぶというもの。一極集中のリスクを回避しつつ、各地の産業育成も同時に果たそうという一石二鳥の計画が結実している。

チェーンストアがマーケットのメジャー・プレイヤー

単店展開の小売り店が主役であるフランス市場とは異なり、ドイツではチェーンストア・オペレーションの小売り店がメジャー・プレイヤー。ライフスタイル雑貨のみでなく、ペットショップ、ガーデニング、インテリア・チャネルでも同様。大手チェーン百貨店”KARSTADT” ,書店“Thalia” などはドイツ主要都市のほぼ全域に展開している。センスの良いミドルゾーンのチェーンストアが多い一方、品質の良くないコピー商品を扱うローエンド向けチェーンストアも存在する。

ドイツ市場の特徴②

主要各都市の特徴

①ベルリン (Berlin)

ドイツの首都であり最大の都市。人口約360万人。旧東独地域とあって、ミュンヘン・ハンブルク・フランクフルトなどの旧西独地域に比べて購買力は劣るが、トレンドの発信地と言われ、ショップ、ギャラリー、カフェなどが立ち並ぶ。外国人在住者や観光客が多いためか新しいものを柔軟に取り入れており、日本の漫画,アニメ,食品なども街中でよく見られる。ドイツの中でも日本商品に対する興味・関心が高い都市と言える。

②ハンブルク (Hamburg)

ベルリンに次ぐ約185万人の人口を誇る、北方に位置するドイツ第2の都市。ヨーロッパ最大規模の港を有する、ロジスティクスの中心地。

③ミュンヘン(Munich)

人口約148万人。ドイツ第3の都市であり、ドイツ国内でも治安が安定している。ドイツで一番豊かなバイエルン州の州都であり、高所得者層が多い。

④フランクフルト(Frankfurt)

人口70万人超。ドイツの金融の中心であり、同時にメッセ・フランクフルトという世界でも有数の見本市会場を擁する見本市=展示会の町でもある。

1 2 3 4 5 6 7 8

Write A Comment

CAPTCHA


中小機構 ロゴ