海外ビジネス情報

ウェビナー

農業・食品関連産業の海外展開セミナー  農林水産省(グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会事務局)は、グローバル・フードバリューチェーン構築推進プランの取組の一環として、ジェトロ(独⽴⾏政法⼈⽇本貿易振興機構)との共催により「農業・食品関連産業の海外展開セミナー【中国四国】」をオンラインで開催いたします。  本セミナーでは、中国四国地方の企業がご登壇、ご自身の海外展開・輸出事例を紹介いただきます。ご聴講はどなたでもできますので、ご興味ございましたら是非ともお申し込みください。  セミナー参加を希望される方は、2021年2月5日(金)までに申し込みURLよりお申込みをお願いいたします。  

EPA(Economic Partnership Agreement / 経済連携協定)とは、日本と諸外国の貿易・投資の自由化や円滑化を進める協定です。ちなみに海外では、EPAよりもFTA(Free Trade Agreement)という用語が一般的に使われています。 ここでは、EPA(Economic Partnership Agreement / 経済連携協定)の特徴や注意すべきポイントなどを説明します。

お知らせ

海外展開に関するご相談サービス「海外展開ハンズオン」につきまして、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、相談窓口におきましては、原則として、電話・EメールまたはWeb会議での対応とさせていただいております。(ただし、対面でのご相談を希望される場合は、必要な措置(マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保、最小限の人数による実施等)をとったうえで対応できる場合がございます。)

「海外をちょっとのぞき見コラム」は海外現地の最新状況やホットなトピックスをお伝えするコラム記事です。第4回目は、マレーシア・セランゴール州にお住いの諸江アドバイザーに“マレーシア政府のコロナ対応と製造業の現状”をお聞きしました。 ※なお、このレポートは2020年12月21日時点の情報であり、現在の状況と異なる可能性があることをご了承ください。

「価格交渉」は、貿易取引の最も重要なポイントです。日本国内では売主と買主の距離が近いため、対面で商品の受け渡しができたり、トラブルが起こってもすぐに駆け付けて問題解決に取り組んだりできます。しかし、海外との貿易取引ではこのような対応が難しいため、事前にルールを明確化する必要があります。 ここでは、海外から引合いを受け、価格提示を求められた場合に注意すべきポイントを説明します。

このシリーズでは、ビジネスの紛争を解決する手段の一つである”仲裁”について、様々な角度から解説していきます。第2回は「海外での訴訟とビジネス紛争の仲裁」と題し、米国と日本の訴訟制度を比較しながら、海外での訴訟と比べた仲裁制度の利点を論じます。

中小機構では、中小企業の皆さまの海外展開に関する、なんでもご相談いただける窓口を開いています。 ご相談は何度でも無料! もちろんオンラインにも対応しているので、ご自宅や職場など、どこからでもご相談いただけます! 「今はコロナで海外に行けないから…」なんて諦めていませんか? このサービスなら、国内にいながら海外在住の専門家から直接お話も聞けちゃいます! 備えあれば憂いなし、こんな時だからこそAfterコロナに向けて万全の体制を整えましょう! 皆様のご相談をお待ちしております。 ↓お申し込みは下記ページ、”ご利用の流れ”よりお申込みください↓ 海外展開ハンズオン支援(中小機構) 海外展開ハンズオン支援とは 海外ビジネスの課題やお悩みを解決するため、豊富な実務経験・ノウハウを持つ専門家がハンズオンで支援する、中小機構のサービスです。海外への販路開拓や投資に向けた事業計画やアクションプランについて、経営目線でアドバイス等を行うとともに、事業環境の大きな変化を踏まえ、今後の海外展開の在り方や先を見据えた国内におけるアドバイス等も行います。

中小機構 ロゴ