EUガイドブック

企業事例4 EU販路開拓の取組事例 MISOKA

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

世界中からデザインや技術に優れた消費財が集まるフランス・パリの見本市「メゾン・エ・オブジェ」。その中でもひときわ目立つブースがありました。数百本の歯ブラシでできたシャンデリアに、その歯ブラシで歯を磨く世界各国のバイヤー。2018年1月のメゾン・エ・オブジェでは、約5,000人が実際に歯ブラシの磨き心地を試し、5日間で約8,000人がブースに訪れました。また、世界進出モデルのISM(イズム)は世界的に有名なデザイン賞を6つも受賞しています。

「MISOKA(ミソカ)」と名付けられたこの歯ブラシは、ナノミネラルコーティングと呼ばれる、ナノサイズのミネラルでブラシの毛先をコーティングする技術が施されています。

この独自の技術を持つ株式会社夢職人の創業者、辻陽平社長にインタビューをしました。

【インタビュー・執筆 大森渚(株式会社オージュ・コンサルティング)】

車好きから生まれたミネラルコーティング技術

ーもともとは素材会社に勤務されていたと伺いました。

辻さん はい。素材会社で開発と営業をしていたのですが、独自のミネラルコーティングの技術を開発したんです。最初にその技術を応用しようとしたのが車のコーティング剤でした。私も車が好きで車によくワックスを塗りこんでいたのですが、ワックスってどこかに流れ落ちてしまいますよね。車をキレイにするたびに化学物質を垂れ流しにしていいのか、という疑問から、ミネラルを使ったコーティング剤を開発したんです。実際にそのコーティングをした部分は、1~2週間経って雨に濡れても汚れがつきにくかったんですね。しかし、自動車業界というのは、なかなか前例のないものは受け入れてくれない。
そこで、片っ端から色々なものをコーティングしてみたんです。眼鏡もワイングラスもたこ焼きプレートも。確かに汚れがつきにくくなる。でも、そのようなものは、世の中に簡単に綺麗になる技術がすでにあるんですね。

▲代表取締役辻陽平さん

ーどのように歯ブラシに行き着いたのでしょうか?

辻さん ふと、お風呂に入っている時に思ったんです。ああ、お風呂を全部ミネラルコーティングできたらなぁって。でも、一軒一軒のお宅を自分がコーティングして回るわけにはいかない。だったら、お風呂ブラシにコーティングすれば間接的にお風呂をミネラルコーティングできるんじゃないか。でも、お風呂ブラシだったら他にもたくさん商品はある。

それで、お風呂を出て、歯を磨いてる時に、これなんじゃないかって思ったんです。歯ブラシだけで綺麗になる歯ブラシはなかなかないし、何せ1人1本で使う数も多い。

ーそのようにしてミネラルコーティングの歯ブラシが出来上がったんですね。

辻さん はい。しかし最初は大変でした。コーティングした歯ブラシが1週間しかもたなくて…粒子が粗いと取れやすくなってしまうんですよね。なので、粒子をさらに細かくするようになった。ナノテクと呼ばれるほど粒子を細かくしていった結果、1か月間もつようになったんです。

▲ベーシックなタイプのMISOKAの歯ブラシ

ー1本1,000円というのは、勇気のある値付けでしたね。

辻さん 最初はサラリーマン感覚で、原価を足していって600円ぐらいかなって思ってたんです。でも、ある方に「中途半端やな」って言われて。「1,000円にしたらどうか?1,000円ならギフトになるけど600円ではギフトにならん」って言われたんですよ。だから、パッケージにもディテールにもとことんこだわって、1,000円でも売れるものにしようと決めたんです。その方には今でも感謝してますね。

▲ミネラルコーティング、梱包、発送は清潔な社内工場で行っている。

ー最初はどこで販売していたんでしょうか?

辻さん 心斎橋の東急ハンズで実演販売をさせていただきました。価格が価格なので、最初はあまり動かなかったんです。「1,000円はありえへんな」とか言われて。でも、「1,000円言うたらお昼食べられんねんで」って言いながら買っていったおばちゃんが、しばらくするとまた来て、「気に入ったから家族3人2か月分で6本ちょうだい」って言ってくれたりするんですね。家族の中の口コミは強力です。

そのうちお一人が2本3本買うようになってきて手応えを感じてきた頃、いろんなお店から「心斎橋に面白い歯ブラシがある」っていうことで問い合わせが来るようになって。その頃、「知っとこ!」というテレビ番組に取り上げられまして。朝から晩まで、電話が鳴り止まない事態になりました。

▲ベーシックなタイプのMISOKAの歯ブラシ
▲ベーシックなタイプのMISOKAの歯ブラシ
1 2 3 4

中小機構 ロゴ