EUガイドブック

企業事例4 EU販路開拓の取組事例 MISOKA

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

「Made in Japan」の上を行く商品を

ーヨーロッパの市場をどのように調査されているのでしょうか?

辻さん 出展前に視察のみの目的で回るようにしています。MISOKAのお客様はお金に余裕のある方たちなので、そのような方が求めているものや購買活動を見て回るんです。ヨーロッパでも、中国でも、東南アジアでも、富裕層の価値観や行動には共通したものがあるんです。どうしても私たちは自分のお財布でものを考えてしまいがちなのですが、そうではなく、お客様が富裕層だったら富裕層の感覚で考えることが大事だと思っています。

▲2018年9月のメゾン・エ・オブジェでは、最も優れたブースに贈られる"BEST STAND"を受賞。
▲2018年9月のメゾン・エ・オブジェでは、最も優れたブースに贈られる”BEST STAND”を受賞。

ーEU圏でも、日本製のものに対する安心感や信頼感はありますか?

辻さん はい。とはいえ、歯ブラシの形状をしていても、一歩先に、現地の人が考えることの向こう側に行くことが大事だと思っています。「日本製だから」「Made in Japanだから」歓迎されると思っている方も多いのですが、それは間違いですね。同じ規格性能のものを日本で作っても、響かないですね。むしろ、現地の企業や現地の人の生活を脅かすものだと思われてしまいます。そうではなくて、何か現地の人たちを幸せにするものでないと。
ただ、需要があるところに卓越した技術や、現地にないテイストのものを持っていくのは良いのではないかと思います。

▲技術とデザインでMade in Japanの一歩先を目指す。
▲技術とデザインでMade in Japanの一歩先を目指す。

ー社内に海外営業の担当の方がいると伺いました。そのような人材はどのように集めたのでしょうか?

辻さん 実は、ハローワークで募集したんですよ。海外経験があって語学が堪能な方でも、何らかの理由で地元に住んでいる方はおられます。そのような方は地元で活躍できる機会を探しているんですよ。ハローワークで求人を見て、どのような会社か調べますよね。弊社はどのような商品を作っているかや、ミラノやパリで出展していることなど、すべてHPに掲載しています。

そのようなことを知ってもらって、「面白そうな会社だな」と思っていただくことが大事ですね。海外との電話対応はもちろん、海外出張への同行などもすべてお願いしています。

▲地元採用のスタッフが海外担当として活躍
▲地元採用のスタッフが海外担当として活躍

ー地元に眠っている力を活かしていらっしゃるんですね。「このようなブランドにしたい」というイメージを、どのように社員さんと共有されているのですか?

辻さん 会社の目指している方向性について私自身が常に発信するようにしています。新聞やラジオなどでも同様ですね。社員には「こうしなきゃならない」ではなく、「こうなっていくんだ」という感覚は持って欲しいですし、実際にそのようになってきていると思います。

▲社内には社員さん同士がコミュニケーションを取りやすいスペースも
▲社内には社員さん同士がコミュニケーションを取りやすいスペースも

ー最後に、今からEUでの展開を目指す企業に対して、伝えたいことはありますか?

辻さん 街中を含めた市場調査をしっかりすること、ブースでの時間を有効に使うことは、先ほど言った通りですね。あとは、商品開発やブース作りについて、デザイナー任せにしないことも大事です。デザイナーはデザイナー、プロデューサーはプロデューサーなんです。デザイナーにデザインしてもらって、そのまま商品にするのではなく、「これはそうじゃない」とか「こうした方がいい」ってしっかりと意見を言った方が良いですね。そのようなやり取りを繰り返してこそ、本当に良いものが出来上がると思っています。

成功のポイント

  • 微細加工という目に見えない技術を見えるようにするために世界的なデザイン賞に複数挑戦
  • 展示会のブースでも買い物の法則を応用。遠くから見た時にアイキャッチになるもの、近くに寄って触りたくなるものを効果的に配置する。
  • 展示会では出展にかかった費用をブースにいる時間で割り、その時間を有効に使う。
  • 現地の人が考えることの向こう側に行くことが大切。現地の人たちを幸せにするものを提供する。

企業DATA

所在地 大阪府箕面市半町3-14-13
代表者 代表取締役 辻陽平
業 種 微細加工技術の研究開発
微細加工技術の応用製品企画・製造販売
歯ブラシの企画・製造販売
資本金 24,450,000円(資本準備金含む)
従業員数 25名
URL http://www.yumeshokunin.jp/corporate/
海外進出国 フランス、イタリア
海外展示会 メゾン・エ・オブジエ パリ
2016年1月展、9月展
2017年1月展、9月展
2018年1月展、9月展
ミラノデザインウィーク
2015年、2017年、2018年
※平成30年9月現在

EU販路開拓ガイドブックシリーズ

中小機構では、中小企業一社一社の輸出や海外拠点設立を経験豊富な専門家が一緒に考える「海外ビジネス戦略推進支援事業」を行なっています。今般、EU との経済連携協定の締結を契機として、EU進出を図る企業様の支援特別枠を設けるとともに、より幅広い方々を支援するため、「EU 販路開拓ガイドブックシリーズ」を作成していきます。

このガイドブックシリーズでは、進出を図る際に知っておきたいEU マーケットの動向や参入規制、展示会などを活用した販路開拓のポイントのほか、急速に進展を遂げるWEBを使ったマーケティングやEC モールの活用など、オンラインでの販路開拓のノウハウについても取り上げていきます。

平成30年3月から平成31年3月までの特別プロジェクトです。ご期待ください。

「海外ビジネスナビ」にて順次公開予定
https://biznavi.smrj.go.jp/

中小機構とは

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構)は経済産業省が所管している中小企業政策の中核的な実施機関です。起業・創業期から成長期、成熟期に至るまで、企業の各成長ステージで生じる様々な経営課題に対応した支援メニューを提供しています。

全国10か所の地域本部等及び9か所の中小企業大学校を支援の最前線として、皆様の経営をサポートしています。このほか、国内外の他の政府系機関や地域支援機関とも連携し、幅広く支援メニューを提供しています。

PDF冊子をダウンロード

1 2 3 4

中小機構 ロゴ