ベトナム 進出事例

「日本のハムや和牛のおいしさをベトナムに、さらに東南アジア全体に」 ‐ 株式会社シェフミートチグサ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

食肉加工品の独自開発で食肉業界を生き抜く

シェフミートチグサの前身は、現代表取締役である鴨狩 弘氏の父親 友允氏が1964年に千葉市花見川区に創業した「千種精肉店」である。創業当初は、個人商店として食肉の小売りが中心であったが、次第に業務用卸の割合を増やし、1996年には現社名の有限会社を設立して食肉加工品の製造を開始、2003年に株式会社に改組して現在に至っている。

価格競争の激化など、経営環境が厳しさを増す中、同社はこれまで自社ブランドの開発に力を入れてきた。2008年には千葉県の経営革新計画の承認と地域産業資源活用計画の認定を立て続けに受け、2015年には千葉大学発ベンチャー企業との連携による新商品開発に取り組むなど、精力的に製品の多様化と高付加価値化に取り組んでいる。なお、現在は弘氏の長男の大和氏(専務取締役)が弘氏の片腕として商品開発、海外事業を中心に活躍している。

ベトナム進出のきっかけは市場ターゲットの国際化の必要性を感じたため

海外展開を考えるようになった動機は、国内市場だけに頼っていては事業を次の世代に良い状態でバトンタッチできなくなりそうだという危機感だった。少子化により肉・肉製品の国内需要が頭打ちになる公算が大であることに加え、TPPなどにより輸入自由化が進めば輸入肉の大量流入が不可避と懸念されたためであった。

同社の海外展開は、2010年にジェトロ千葉の「千葉ブランド農水産物・商品輸出協議会」の活動に参加して香港に焼豚を輸出することから始まった。海外で行う宣伝・プロモーションに参加して日本の豚肉加工品の品質アピールを精力的に行った結果、香港の大口顧客との取引も始まり、海外展開が軌道に乗りつつあったが、東日本大震災時の原発事故発生後、千葉県産豚肉に対する放射性物質検査も厳格に実施されるようになったために輸出が完全にストップしてしまい、大きな挫折となった。

ちょうどその頃、ハム・ソーセージの製造に関するベトナムでの視察の機会があり、鴨狩 大和専務が現地に赴き調査をしたところ、現地の食文化はまだ日本ほど発達しておらず、加工食品の安全に対する認識も遅れているため、同社の高品質で安全なハム・ソーセージに対する潜在需要はかなり大きいという感触を得た。そして、数年かけて慎重に検討した結果、最終的に進出を決意した。

現地で感じられるベトナム経済の躍動感や親日的な国民性、肉の消費量が比較的大きい点、日系企業の進出や地場産業の振興がまだこれから、などの点もベトナムの魅力であった。

良質の豚肉の供給体制整備の成否が事業成功のカギ

事前準備で苦労したのはハム・ソーセージの原料となる豚肉の良質な供給先の確保であった。事前調査で近隣の養豚場・屠殺場を何か所も巡回して、飼育や屠殺の実態や生産される肉の質をチェックしたところ改善すべき点が多々あり、今のままでは日本と同じ品質の製品を作ることが難しいと考えざるを得なかった。そこで、同社の改善要求に応えることに積極的な業者を日本に招き、日本の方法を実地に見せて理解させたりすることで、日本に近い品質の肉を確保できるようなビジネスモデルの確立を実現することができた。

また、同社製品のような高品質・高価格のハム・ソーセージはそれまでベトナムに存在しなかったため、販路開拓も重要なテーマであった。ベトナム市場には国産やタイ産の大量生産で安いハム・ソーセージが出回っており、消費者向けの流通ルートが現地資本に握られているため、同社が入り込む余地はほとんどなかった。そのため、味や品質を評価して価格が高くても購入してもらえるホテルやレストランなどの業務用ルートが主な売り先となり、そのような顧客を個別にあたる必要があった。

成長著しいベトナム国内の食肉加工品市場に照準

現地調査を行いベトナム側パートナーと検討した結果、合弁会社の事業概要は下記の通りとなった。

(1)事業内容:
①ハム・ソーセージ等の食肉加工品および精肉の製造および販売
・ 一般消費者への販売は一部の小売店ルートに限定し、業務用の需要を主な販売先とする。
・ 国内販売だけではなく、ベトナムからの輸出も将来考えられるが、いま日本に輸出すれば日本の農家・同業者を圧迫することになるので日本への輸出は当面考えない。機会があればベトナムの周辺国への輸出に踏み切る可能性はある。
②和牛の日本からの輸入・販売

(2)工場所在地:ダナン市ソン・チャ区ダナン水産サービス工業団地ゾーン(敷地面積 2.2ha)

(3)合弁会社のパートナー:ダナン市の個人投資家

(4)出資比率: 同社65%、ベトナム側35%

当初の出資比率は51%であったが、増資により65%までシェアを増やした。

1 2 3

中小機構 ロゴ