ベトナム 進出事例

「新市場開拓と日本式理容に従事する人材育成のためベトナムへ進出」 ‐ 有限会社銀座マツナガ

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

創業から銀座で半世紀弱の歴史を持つ理容店

理容店の銀座マツナガは、1968年7月、同社社長である松永 巳喜男氏が27歳の時に東京の銀座中央通りに開業したことに始まる。「お客様と感動を」を経営理念とし、理容サービスの内容は、一般的な理容店と同じくヘアカット、シャンプー、蒸しタオル、シェービング、マッサージとシンプルながらも、お客様目線での丁寧な施術で、現在、従業員数95名、店舗数では、銀座、八重洲、日本橋、新橋、浅草、新宿の他、海外の姉妹店含め約20店舗を展開する理容店へと成長している。

理容業は、元々個人経営の店が多い業界であるが、経営者の高齢化や後継者の減少、規制緩和による男性の美容室利用の増加、ヘアスタイルの多様化による若年層を中心とした理容店離れなどにより、1985年の14万4,939店舗をピークに店舗数を大きく減らしている。理容師の成り手も減少しており、文部科学省が毎年行っている学校基本調査によると、1986年には3,362名だった理容学校卒業生は、2016年には664名となっており、この30年の間に約5分の1にまで減っている。

同社はこうした中で、有限会社として法人化し、需要の旺盛な都心部を中心に店舗展開を図るとともに、これまで松永社長の下から独立した弟子たちの店も含めて毎年60名近くの新人理容師を採用・育成しながら営業している。

海外展開の狙いは新市場開拓と日本式理容に従事する人材の育成

松永社長が海外展開を目指した狙いは、国内市場の縮小を見越した新たな市場の開拓とともに、こうした理容人材を、人口が増加するASEAN地域で育成できないかと考えたことにあった。現在の法制度では、日本国内で理容業に従事するには、都道府県知事に指定された理容師養成施設に通い、そこで必要な知識と技能を修得した上で国家試験である理容師試験に合格する必要がある。海外で育成した人材を日本にそのまま連れてくることはできないものの、アジアの発展途上国の若者に日本式理容の高い技術やサービスを教えて、将来的に彼らがその国で自分の理容店を開けば、日本式理容が海外に拡がっていくことになる。それは、日本国内の理容師にとっても活躍の場が拡がることにつながり、理容師という職業の魅力を高めることにもなる。そしてそれが、理容師になりたいという若者の増加につながってくれれば良いと考えた。

進出先検討のため各国の投資環境を情報収集

海外展開の準備として、松永社長はまず、どこに進出するかを検討するため、各国の現地事情や国民性の違いなどの情報収集をすることから始めた。松永社長は現在も現役の理容師として店に出ており、お客様と施術中に交わす会話からも、多くの情報を得ることができた。その中で、ASEAN各国の人材を使って旅行代理店を経営している方がおり、その方が「ASEAN諸国の中でも、ベトナム人は非常に勤勉で、真面目で、親日的で、かなり優秀だ」という話をしていたことから、松永社長はベトナムに興味を持ち始めるようになった。

ちょうど時期を同じくして、日本貿易振興機構(JETRO)から、ベトナム現地視察ツアーの案内が届いた。これは、ベトナム進出を検討するサービス業を対象に現地視察を誘うもので、松永氏はこのツアーに、20年以上共に同社で働き、自身が絶対的に信頼を寄せる片腕的存在の副社長を参加させることにした。同ツアーは、往復の機内泊を含めて1週間程度の日程で、ベトナムのホーチミン市とハノイ市を訪問するものであった。視察から戻ってきた副社長は、松永社長が先に顧客から得ていた情報を証明するかのように、ベトナム人を非常に良く褒めた。報告を受けた松永社長は、今度は自社の人間だけでベトナム現地を視察することにした。

現地視察を通して差別化が図れることを確認

自社の視察ツアーの手配は、旅行業者に依頼したためスムーズであった。しかし、問題は社内に英語を話せる者がいないこと。もちろんベトナム語が分かる者もいない。そこで、店のお客様の一人で、ベトナム市場に詳しい経営コンサルタントの方に、現地で日本語学校を経営する日本語が堪能なベトナム人女性を、現地視察時の通訳兼案内役として紹介してもらった。

視察はベトナムのホーチミン市に絞り、正味3日ぐらいの期間で行った。実際に現地の色々なお店を回り、現地の空気を肌で感じることを意識した。理容師の資質としては手先が器用であることが重要であるが、刺繍や竹細工といったベトナムの伝統工芸品を見たり、ネイルサロンに入ってベトナム人の見事な技術を体験してみたりして、ベトナム人の手先の器用さを実感した。また、今回の目的として、何より現地の理髪店を見たいと思っていたが、たまに木陰や軒下で髪をカットしているような光景は見られたものの、銀座マツナガが行うようなレベルの理髪店はなかった。日本や他国からの外資系美容室は進出していたが、日本式理容のスタイルで営業しているところは見当たらず、差別化が図れると感じた。

通訳兼案内役として紹介された方は、日本語が非常に堪能で、言葉の面以外においても非常に協力的に動いてくれた。視察時に、その方の知り合いで、20代のこれまた日本語が堪能な女性を紹介してくれたのだが、この人は過去に浜松の日本語学校に留学をしていて、日本人が経営する美容室で一時期勉強していたこともある人物だった。話をすればするほどに意気投合し、ベトナムには理容の学校や免許制度がないから、銀座マツナガがベトナムに出てきて、現地で理容の知識や技術を教えてくれれば喜ぶ人も多く、進出の折には是非協力すると約束してくれた。

1 2

中小機構 ロゴ