オーストラリア 地域 海外進出ノウハウ

現地から見るオーストラリア市場進出の魅力

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

25年以上にわたって経済成長と人口増加がつづくオーストラリア。好調な経済状況を背景に、オーストラリアに進出する日系企業も増え、また海外旅行における高い消費額と滞在日数から、訪日誘客を狙う地方自治体も増えてきています。今回は、日ごろからオーストラリア市場のマーケティング、コミュニケーションプランニングを手がける当社のプランナー(永見幸太、近堂大輔)に、現地から見えるオーストラリアの特徴について聞いてみました。

オーガニック、エコロジーへの高い意識

作野:幸太はシドニーにきて1年が経つけど、実際に生活してみてどんなことを感じた?

幸太:一番に感じたのは思っていた以上に文化面で進んでいることです。
「世界で最も住みやすい都市ランキング」でメルボルンやシドニーが選ばれていることは知っていましたが、とはいえ欧米に比べて歴史が短い国なので、来る前にはいわゆる短パン、Tシャツでオージービーフが好きな陽気な人たち、というようなイメージを多少もっていたかと思います。

ただ実際に住んでみると、スーパーやドラックストアには棚一面にオーガニックな食材やサプリメント、化粧品が並び、日常的にスポーツをしている人も多い。また駐車場にはプラスチックのリサイクルボックスがあり、その場で環境保護団体への支援ができる仕組みがあるなど、健康やエコロジーへの意識が生活レベルで根付いていることが印象的でした。街中のショップも歴史建造物を保護しながらデザイン性高くリノベーションされていたり、いい意味でイメージを裏切られました。

オーガニック化粧品のAesop(https://www.aesop.com/jp)など日本に進出しているオーストラリア発祥ブランドも多い。

作野:たしかにそうだね。日本でもオーガニックやウェルビーイング、エコロジーへの意識が高まっているけど、オーストラリアの方が進んでいる部分も多いから、そうした分野の日系企業が進出して、目の肥えたオーストラリア市場で成果を出すことができれば、結果的に日本市場やその他の海外市場のブランディングにつながるかもしれない。

日本食の高い人気と、生活の中にも定着している日本

作野:普段は旅行分野でのプランニングをお願いしているけど、訪日市場に関してはどんな特徴がある?

幸太:日本食に関しては既に高い評価が定着しています。
日本政府観光局の統計でも、日本に来るオーストラリア人の80%以上が日本食を楽しみにしているという結果が出ていますが、実際に生活していても日本で本場の日本食を食べたいという声はよく聞きますし、普通にお箸を使える人も多いです。シドニー市内の日本食レストランが人気なのはもちろんのこと、日本食をオーストラリア人目線で創作したレストランも毎日賑わっています。

日本に来るオーストラリア人の約60%が20代~30代なのですが、ミレニアル世代といわれる彼らは10代の頃から漫画やインターネットを通じて日本についての情報を得ているので、私たちが思う以上に日本への理解が進んでいます。漫画とコミックの違いを語れる友人もいますし、国内でもっとも学ばれている外国語(英語以外)が日本語ということや、オーストラリア人経営の日本工芸ショップもあることから、日本は旅行先としてだけでなくオーストラリア人の生活の中にも定着していると感じます。

日本食をオーストラリア人目線で創作したレストランも人気 参考:sake(http://www.sakerestaurant.com.au/
1 2 3 4

Write A Comment

CAPTCHA


中小機構 ロゴ