ミャンマー 現地レポート

微笑みの国、ミャンマー

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

東南アジアの西端に、インド洋に面して、ミャンマーという国がある。そこには、日本の1.8倍の、多様な気候に恵まれた国土に、約5千万人もの、明るく優しい人達が、貧しいながらも微笑みを絶やさずに暮らしている。そして、多くの人達が日本に憧れ、日本との関係が更に深まることを、心から待ち望んでくれている。一方我々日本人も、皆で仲良く幸せに生きることを願うのであれば、ミャンマーから学ぶべきことが多い。

国民性

私は縁あって、1987年を皮切りに、4回、通算12年強ミャンマーに暮らしてきて、この国の人達を心から敬愛している。私の経験は主要民族ビルマ族(国民の約7割)の、都市部在住の仏教徒にかなり偏ってはいるが、他民族・他宗教の人達とも大いに知り合ったし、彼等の間の多少の相違点はあるが目立たず、共通した「国民性」と言えるものが確かにある。それについて申し述べることで、もし皆様に関心を持って頂けたならば、誠に幸甚である。

ミャンマーでは、幼い頃から長幼の序を重んじ、一歳でも年上なら、立場の上下優劣に拘わらず、きちんと敬意を表する。子供達は毎日就寝前に両親を拝み、成人しても親には従順。親も、何よりも家族の団欒を大切にしながら、自らが親から受けた道徳を子にしっかりと伝えていく。また、特に高齢者への敬老精神が徹底している。どんな小さな村にも、お寺とお坊さんがいて、貧しくて学校にいけない子供達に読書きを教えて、身寄りの無いお年寄りがいれば、面倒を見る。

ミャンマーの人達には、微笑みが良く似合う。おしゃべりが大好きで、常に相手の気持ちを慮り、場を盛り上げようとしてくれるので、彼等と話していると、楽しい。悩み事を打ち明けると、実に上手に励ましてくれる。逆に、気まずい雰囲気になるのは極力避けたいので、その結果、何かを頼まれた時に断るのが、大変な苦手。さりとて、オーケーとも言えないので、仕方なく笑ってごまかす。それが外国人には、しばしば、「快く了解してくれた」と誤解される。

ミャンマー語

実は彼等の話すミャンマー語は、文法上の仕組み(語順や助詞・助動詞の使い方等)、特に、否定の語(英語のNOTにあたる言葉)が文の最後近くに置かれること(往々にして、そのNOTも明確に言わずに、相手に察して貰おうとする)、敬語表現が豊富なこと等の点で、日本語にとても良く似ている。それが幸いして、我々日本人は、仮に最初は失敗しても、慣れてくると彼等の言葉と表情から真意を読み取れる素質が大いにある。(逆のケース、つまり、我々日本人の気持ちを察することが上手な人が多い。)

近代史上も、ミャンマーと日本とは関係が深い。現在のミャンマー国軍に繋がるビルマ(当時のミャンマー)独立軍は、太平洋戦争中の1941年暮れ、日本軍の援助の下にバンコクで設立され、1942年、日本軍とともに英領ビルマに侵攻した。日本軍の占領中、19万人もの日本兵が戦死した。ミャンマーの人達も死傷を含め甚大な被害を受けたのであるが、終戦間際の敗走途中に倒れた日本兵の多数が、ビルマの民家に匿われた。日本軍は散々身勝手なことをしたが、兵隊達との交流が、現在に至るまで、各地で、好意的な姿勢で語り継がれてきている。

戦後、食糧不足に悩む日本に、優先して米を輸出し、戦後賠償金の交渉では、他国の要求金額を大きく下回るレベルで真っ先に妥結してくれた。その後経済成長した日本は、頻繁にビルマへの最大のODA(政府開発援助)供与国となり、最近では、2016年11月、安倍首相が、5年で官民合わせて8千億円規模の支援を公約し、着々と実施されてきている。

高等教育で英語が多用され、ビジネスの世界では昔から比較的英語が通じ易いのだが、第二外国語の学習対象としては、日本語が圧倒的な人気である。国立の外国語学院(最大都市ヤンゴンと第二のマンダレー)の日本語学科だけでも毎年約80名が卒業するのだが、ヤンゴンには、それ以外に、百数十もの私立の日本語学校がある。毎年12月、多くの国で、国際交流基金及び日本国際教育支援協会による日本語能力検定試験が行われているのだが、最近のミャンマーでは2万人以上が受験しており、これはベトナム・タイに次ぐ第3位の多さ、との由。多くの若者達が、日本に親しみを感じ、期待してくれている証拠である。

一方で、実は、ミャンマー在住の日本人は、まだ2千人強程度。隣国のタイには、7万人を超える在留邦人がおられるし、ベトナムの約1万6千人と比べても、余りにも少ない。言い換えれば、日本人がミャンマーで活躍する余地が膨大にある、ということだ。

確かに、インフラ面、特に電力不足等や、法制度面で、まだ不安も多いが、着々と改善している。今は、ミャンマー経済や、歴史・社会・文化、そして法律関係(会社法、投資法)に関する本、また、美しい写真を含むガイド本も、続々と出版されているので、是非一度手に取ってみていただければと思う。また、昨今、少数民族問題で色々な問題を抱えてはいるが、それらは全て国境に近い、ごく狭い地域の事柄であり、国土の殆どでは、民族や宗教に関わりなく、皆が仲良く明るく暮らしている。それは、まずは一度ミャンマーを訪ねて頂ければ、たちどころにお判りいただけるであろう。

1 2

中小機構 ロゴ