現地レポート 韓国

韓国電子産業の現状と将来

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

李明博政権時はウォン安効果(図1)も相まって隆盛を極めた韓国電子産業ですが、朴槿恵政権になってからは、以前の勢いに少し陰りが見えてきたようです。とはいえ、電子産業が韓国経済にとって重要な役割を果たしていることには変わり有りません。今回は、韓国電子産業の現状と将来についてご紹介したいと思います。

図1 日韓為替推移

 

韓国の産業構造

図2に示すように、近年の韓国の産業構造を見ると製造業の割合が増加しており、2013年基準で実質GDPの約3割を占めています。一方農林水産業は減少を続けており、工業化の歩みが見て取れます。製造業以外の占める割合については、図1の直近(2013年)の状態を抜き出したものを表1に示します。

 

図2 実質GDPに占める韓国の産業構造の変化

表1 韓国の産業構造(2013年基準)

製造業における電気・電子産業の位置づけ

次に、韓国の産業の3割を占める製造業の内訳を図3に示します。図3から電気・電子産業と輸送機器の伸びが大きいことが分かります。一方繊維・皮革分野の減少が際立っており、負荷価値の高い業種への構造変化が見られます。図2の直近(2012年)の状況を抜き出したものを表2に示します。
電気・電子産業は全体の3割以上を占めており、韓国製造業の中心的役割を担っていることが分かります。次に輸送機器、石油化学と続き、サムスン、現代、LGなど大手財閥系企業の活動を伺うことができます。

 

製造業内訳の変化(実質GDP基準)表2 製造業内訳(2012年基準)

1 2 3

中小機構 ロゴ