ブルネイ 現地レポート

ブルネイにおける消費トレンド

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

基礎情報

ブルネイについての認知度は一般に低いと思われるので基礎情報を以下紹介する。
1) 人口:41万人

2) 国土面積:5,800平方キロ三重県と同じ面積

3) 民族:マレー系65.8%,中華系10.2%,その他24.0%
(2013年,出典:「Brunei Darussalam Key Indicators 2013 Release 2: Annual」, JPKEを基に算出。)

4) 言語
憲法で公用語はマレー語と定められている。したがってマレーシアとの交流は盛んである。
英語は広く通用し,華人の間では中国語もある程度用いられている。

5) 宗教:
イスラム教(国教)(67%),仏教(13%),キリスト教(10%),その他(10%)

6) 主要産業:石油・天然ガス
(産出量:石油(13.5万バレル/日。マレーシアの5分の1の規模),天然ガス(3.4万立方メートル/日))
(2013年,出典:「Brunei Darussalam Key Indicators 2013 Release 2: Annual」, JPKE)

7) 名目GDP:181億米ドル(2013年)日本の鳥取県の半分の規模
(出典:「National Account Statistics (New Base Year 2010)」, JPKE)

8) 1人当り名目GDP:44,586米ドル(2013年)
(注)GDPの6割以上を占める石油,天然ガス部門の動向に大きく左右される。昨今の原油安で大きな打撃を受けている模様。
(出典:「National Account Statistics (New Base Year 2010)」, JPKE)

9) ブルネイのプロフィール
“豊かな自然と資源に恵まれた平和な国”
地球儀で見るとブルネイはとても小さな国であるが,自然と天然資源に恵まれた豊かな国で,石油や天然ガスを世界に輸出している。そのため,東南アジアでは,シンガポールに次ぐ高い経済水準と充実した社会福祉を実現している。ブルネイ国民であれば,原則,医療費(公立病院)や教育費(公立学校)は無料,個人の所得税もゼロ。さらに,治安が良く,自然災害が少ない国。
観光資源としては世界最大の水上集落「カンポン・アイル」や世界最大級の王宮「イスタナ・ヌルル・イマン」,旧モスク「スルタン・オマル・アリ・サイフディン・モスク」や新モスク「ジャミ・アサル・ハサナル・ボルキア・モスク」などの美しい建造物がある。また,国土の約6割が熱帯雨林であるブルネイは,空気や水が清浄で,ボルネオ島にしか生息しないと言われるテングザルのウォッチングや,ジャングルトレッキング,ラフティングなどのエコツーリズムを楽しむことができる。

10) 貿易相手国(2013年)
(1)輸出
日本(39.8%),韓国(16.3%),インド(7.6%), 豪州(7.3%),ベトナム(5.3%)
(2)輸入
マレーシア(21.9%),シンガポール(19.1%),米国(11.9%),中国(11.2%),日本(5.8%)

11) 日本との経済関係
(1)対日貿易
(ア)品目
輸出(ブルネイ→日本) 石油・天然ガス
輸入(日本→ブルネイ) 車両及びその部品,管及び管用継手

12) 在留日本人数:約200人
調査の方法:文献やインターネット検索では消費トレンドに関する情報入手が難しかった。また現地の在留邦人の数が200程度であり、日本人会などの組織もしっかりしたものがないため現地在住の日本人から聞くこともできなかった。
やむなくツテをたよってASEAN-Japan Centre(国際機関日本アセアンセンター)の投資部 副部長のMs. Nor Zerlina Momin 女史に約1時間電話インタビュウをして以下の情報を入手した。
幸い彼女はこういうテーマに関心があるようで多岐にわたる分野の質問に知っている限りのことを答えてくれた。
消費トレンドを見る上でマレーシアと同様以下の項目をカバーした。

1) 化粧品
2) ギフト用品
3) コンフェクショナリー&ベーカリー
4) ファーストフード
5) カフェ
6) 飲料
7) アパレル
8) 映画・アニメ
9) 音楽
10) 本
11) ヘアスタイル
12) 美容整形
13) 電子タバコ

1 2

中小機構 ロゴ