EU

EUの富裕層へ向けた日本製品進出可能性調査レポート(フランス編②-ガボー・ウルヴィツキ-氏)

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

 みなさんは「富裕層」と聞いて、どのような方が思い浮かぶでしょうか。近年、「当社の製品を海外の富裕層に売りたい!」という中小企業の方々からのご相談が増えてきています。このレポートでは、中小企業の方々が富裕層に向けた海外展開を計画するうえで、そのターゲット像の具体化に資するべく、富裕層と呼ばれる方々のお気に入りのものやライフスタイル、お勧めのショップなどをインタビュー調査し、まとめたものです。みなさんの商品開発やマーケティングのお役に立てれば幸いです。
 なお、このレポートは2018年に執筆されたものであり、現在の状況と異なる可能性があることをご了承ください。

ガボー・ウルヴィツキ氏(Gabor Ulveczki)

プロフィール

氏名:ガボー・ウルヴィツキ(Gabor Ulveczki)
職業:ギルティングデザイナー、ULGADOR CEO
年齢:52歳
家族構成:一人暮らし、子ども4人
自宅エリア:パリ郊外
職場エリア:パリ市内、自宅
出身:ハンガリー
住居の間取り:一戸建て所有
車所有台数:1台、フォルクスワーゲン
使用する言語:フランス語、英語、ハンガリー

画家からギルティングアーティストへ

 ハンガリーで生まれ育ち、17歳の時に画家を目指してフランスで暮らし始めました。1年後にアートアトリエを開いて、ギルティングに限らず絵画や彫刻といった作品を作り続けました。14年続けて、装飾を専門とするアトリエ、ULGADOR をパリで立ち上げました。独自に編み出したギルティング技術は高く評価され2007年には“Living Heritage” 賞を受賞し、国家遺産会社(Entreprise du Patrimoine Vivant)にも認定されました。多量の金・銀・銅・アルミニウムなどの金属をあえて酸化、腐食させることにより独自の金属の味を出すのが自身の作品の特徴で、今までにルイヴィトンのファッションショー、シャネル、カルティエ、ブルガリ、ピアジェのショーケース、ホテルのロビーの壁紙などのデザインも担当しました。日本に住んだこともあります。

生活スタイル

家族とは適度な距離感で

 現在は1人でパリ郊外にアトリエの横の庭付き一軒家で暮らしています。パリ市内まで車で30分と遠くなく、緑も多くて閑静で気に入っています。4人の息子のうち1人が自宅裏に住んでいて頻繁に会います。まだ幼い子供が2人いて、元妻と2週間交代で面倒をみています。少し大変ですが子供はかわいいし楽しいです。

生涯、自宅を改築・増築したい

 出来る限り時間をやりくりして、暇さえあれば自分で自宅を改築・増築しながら暮らしています。あとガーデニングをのんびりやるのこと、この2つは人生の大きな楽しみです。大きな買い物をするよりも、家の改築費に当てることがほとんどですね。
 健康維持のために1日15分ほどのサイクリングをしています。家の近くにある湖で趣味であるカヤックやカヌーで休日は体を動かします。料理も趣味の1つで、近所の八百屋やbioショップで買ったオーガニックな物だけを使い自炊します。動物愛護の精神により、40年前からベジタリアンです。
 夏は6週間ほど海のあるところにいくことが多く、冬は毎年必ず10日間ほどアルプスにスキーに行きます。

住居の印象

アーティスト仲間による贈り物の数々

 家にある絵や彫刻などの置物はアーティスト仲間や娘の作品です。家の中央に設置されている薪ストーブをはじめ家具など家の物は自分で作ったり、人から譲り受けたものがほとんどです。日本に住んでいた時に買った日本の陶器や扇子、本なども飾ってあります。

 

 

買い物について

無駄な買い物はせず楽しみのために使う

 自分のために物を買うより人に贈る物を買うことの方が喜びを感じます。夏、冬に毎年とるバカンスで様々な場所に行き、そこで友人や家族への贈り物を買うことが多いです。安いものもあれば数十万円するものまで気に入ったものであれば値段はあまり気にしないです。パリでプレゼントを購入する際は、日本雑貨が喜ばれるので買うことが多いです。日本人が着物や日本雑貨を売っている「kimonoya」というパリ市内の店で購入します。自分も日本に住んでいたことから日本雑貨の目利きには自負があります。たまに子供達を連れてパリまで出て、外食をするのも楽しみの一つです。

情報収集方法

情報収集方法は昔と変わらず

 情報は主に新聞とラジオから。テレビとインターネットはほとんど活用しません。新聞(ル・モンド紙)、TV(BFM局、RAI局)ラジオ(France culture)が主な情報源で毎日視聴しています。インターネットはあまり得意ではなくSNSもフェイスブックのメッセンジャーを利用する程度であまり活用しないです。情報誌では週刊誌のL’OBSを定期購買している以外は気になった号を買うくらいですね。

日本文化に対して

和紙を学びに日本へ

 和紙に魅せられ、和紙とギルティングのコラボを実現すべく、2008年から「JAPANブランド育成支援事業」に参加し、日本の五十崎町で和紙の伝統的な作法を学びながら、和紙を使った作品を多数作成しました。元々日本に興味があったが、住んでみてより好きになりました。
 「モノづくり」への探究心には日本独特の拘りがあり、作品の良し悪し以外にもその哲学が人を惹きつける要因だと実感しました。ヨーロッパ、特にフランスで日本文化や製品が受け入れられる要因はそこだと思います。今後、和紙以外でもまたぜひ、日本関連のワークをやりたいと考えています。
 とりわけ日本で感銘を受けたのは自然です。特に日本の自然の厳かな雰囲気は心が洗われるようで好きで、中でも特に佐渡島は印象に残っています。

成功者、富裕層の定義

 成功とは実る過程で自分がどれだけ満足感を得られるかが重要であってお金とは関係がない。充実度こそが豊かな暮らしだと思います。お金を持っていても幸福感を感じられない人もいるし、富裕層というイメージが湧かないので定義が難しいです。

1 2 3 4

中小機構 ロゴ