EU

EUの富裕層へ向けた日本製品進出可能性調査レポート(フランス編①-シャンタル・カゼル-氏)

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

 みなさんは「富裕層」と聞いて、どのような方が思い浮かぶでしょうか。近年、「当社の製品を海外の富裕層に売りたい!」という中小企業の方々からのご相談が増えてきています。このレポートでは、中小企業の方々が富裕層に向けた海外展開を計画するうえで、そのターゲット像の具体化に資するべく、富裕層と呼ばれる方々のお気に入りのものやライフスタイル、お勧めのショップなどをインタビュー調査し、まとめたものです。みなさんの商品開発やマーケティングのお役に立てれば幸いです。
 なお、このレポートは2018年に執筆されたものであり、現在の状況と異なる可能性があることをご了承ください。

シャンタル・カゼル氏(Ms.Chantal Coasale)

プロフィール

氏名:シャンタル・カゼル氏(Ms.Chantal Coasale)
職業:マーケティング会社経営、アート・不動産ディーラー
年齢:60歳
家族構成:夫婦二人くらし
自宅エリア:パリ市内
職場エリア:パリ市内
出身:パリ市内
使用する言語:英語、フランス語、イタリア語、スペイン語

富裕層向けのマーケティングが得意分野

 パリ出身で旦那さまはイタリア人。娘のマーケティング会社を手伝っていて、富裕層向けの不動産やアートの手配もしています。
 言語は4か国語話すことができあらゆる対応が可能です。クリスチャンラクロアなどのファッション業界で仕事をした経験があります。
 マーケティングは、高級ブランドや富裕層向けのブランディングなどが専門としている。趣味としては、現代アートやポエムなどが好きです。

生活スタイル

得意料理で友人との夕食会

 健康面では、特別な運動をするわけではありませんが、毎日45分は歩きます。
 パスタやグラタンのようなフランス料理が得意で、自宅に友人たちを招待して夕食会をよくします。ノルマンディ在住のバレー振付師のPatrice Bartが親友で、このような方々がパリに来るたびに一緒に食事をしています。
 睡眠は大体7時間くらいとっています。夜は23時には就寝して、朝6時くらいには起きて散歩をしたりします。時には3時くらいに起きて本を読んだりすることもあります。
 仕事は休みはほとんどなく、ほぼ毎日働いています。たまの休暇にはTintorettoの個展を観に行ったりします。先月はたまたま5日間休みが取れたのでベネチアに行ってきました。

少ない友人と深い付き合い

 友人は少ないですが、とても仲が良いです。バレーの振付師や作家などの友人もいます。
 パリには10人程度の友人ですが、イタリア、モロッコ、ジュネーブ、ビアリッツ、ニューヨークなどにも親しい友人がいます。パリで友人と出かけるときは、食事をしたり、映画を観に行ったりします。
 ギフトを贈るのが大好きでいつも友人や家族に贈っています。友人には、本、香水、化粧品などを贈ります。そこまで高級なものではなく、50~60ユーロくらいのものを贈っています。

住居の印象

調度品は夫婦で話し合って購入

 家にある調度品などは全て旦那様と二人で話し合って購入しています。アンティークの家具やインテリアもよく購入しています。
 小テーブルは、Eileen Grayでダイニングの椅子は、Toni Facella Sensi Architec。プッチのスカーフを購入してGarouste&Bonettiの椅子のカバーを製作しました。

 

買い物について

地元産の鮮度の良いものを

 ファッションはVogueやElleを購読していて、よいものがあれば買いに行きます。特にシンプルなものがすきで、品質を重視しています。イタリアのファッションは知的なデザインで品質も良いのでFendiやGucci、Loro Pianaなどを特に好んでいます。フランスにはないものを着たり身に着けたりしたいので、モンターニュ通りには好んで行きます。
 食品は、ボンマルシェで購入。オーガニックだけに拘っているわけではないですが、なるべく新鮮な地元のものを購入しています。
 飲みに行くのは、雰囲気が好きなためホテルのバーが多いです。古い建築物に新しいインテリアの融合も良く、お客さんもおしゃれな人が多いです。ディナーはサンジェルマンに行くことが多いです。

情報収集方法

新聞・TVが情報源

 情報は主に新聞とTVで収集している。新聞はル・モンド紙。TVはBFM局もしくはRAI局を主に観ます。
インターネットはあまり得意ではないので、SNSはほとんどしません。Whatsappだけは使用しています。

日本文化・企業に関して

日本文化には非常に興味がある

 日本食は寿司が大好きで、オペラやサンジェルマンの和食レストランには時々行きます。
 日本の映画が好きで、監督としては、黒澤明、小津安二郎、北野武が好きです。日本の女優は知的で繊細に感じており、それを映画で見るのが楽しみです。日本映画が上映されるときはいつも観に行っています。
 小説もたまに読みます。三島由紀夫がとても好きで、村上春樹も読んでいます。日本の哲学を知ることが出来て面白いです。
 日本には3回行ったことがあるが、東京のみのため、今年の結婚50周年には、春に夫婦で東京以外にも京都にも行きたいと考えています。特に桜がみたいです。
 日本の製品については、工業製品はドイツ製より品質や性能は少し良いと感じます。日本のアートも好きで、陶器や現代アートにも興味があります。以前にオフィスに盆栽も飾っていました。

成功者、富裕層の定義

 成功者とは、目標と情熱を持って物事に取り組んでいる人。そうすれば運もやってくる。お金のために仕事をするのではなく、情熱をもって仕事をすることが大事だと私は思います。
 フランスでは、富裕層は企業家が多いと思います。歴史的な元々のお金持ちもまだいることはいるが、年々少なくなってきていると感じています。

 

人生で最も大切なもの

 家族です。家族は人生の基盤となるものであり、家族はお互いに支えあうものであると考えています。

1 2 3

中小機構 ロゴ