EU EUガイドブック 海外進出ノウハウ

「ヨーロッパ市場を知るために」 おさえておきたいショップとその傾向

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

[ EU販路開拓ガイドブックシリーズ ]
「ヨーロッパ市場を知るために」 おさえておきたいショップとその傾向

このガイドブックはABingPlus Co.,Ltd.に委託して作成しました。

プロフィール

青木 千映(あおき ちえ)
ABingPlus Co.,Ltd. 代表
上智大学卒業後、渡仏。パリ郊外のリセ(高校)にて、インターン講師として日本語を教えたことが“日本文化をきちんと伝えたい”想いを持つきっかけになり、通訳・翻訳、コーディネーター、日仏系企業にて輸出入業、広告代理店にてイベント企画等に携わる。2013年、ABingPlus社を設立。 日本とヨーロッパの企業間をつなぐエージェント・ビジネスコーディネーターとして、デザイン・雑貨・ファッション分野における日本製品の欧州販路開拓に多くの実績を持つ。

 

ヨーロッパ市場を知る

ヨーロッパ市場を正確に知るためには?
→市場調査が必要です。

市場調査=本来ヨーロッパでビジネスを展開する前に、欠かすことができないステップ。

内容:
・今市場で求められているもの
・価格帯 ・色使い
・パッケージ
・表示方法 etc…

インターネット上の情報だけでなく、消費者やバイヤーの生の声を取り入れてしっかり時間をかけて調査するのがベストです。
→そうして改良された商品をどこでどのようにプレゼンするかが鍵なのです。

 

消費者・バイヤーの立場から見た商品のチェックポイント

ヨーロッパのライフスタイルにマッチするもの = 日常生活で普通に使いこなすことができるもの

・適正価格か?
・実用性はあるか?
・色・デザインの傾向をおさえているか?
・サイズ感は良いか?
・取り扱い方法は明確か?

さらに
・アフターサービスがきちんとしているか?(返品・交換含め)
・追加注文が簡単にできるか?
→距離感のないサービスの提供が可能か?

 

パリのライフスタイル系消費財のトレンド調査において

ベンチマークする商品、メーカーを見つけると同時に、下記チェック項目を念頭に、情報発信力のある店舗をチェックすることが重要です。

・価格は?
・実用性は?
・色・デザインの傾向は?
・サイズ感は?
・取り扱い方法は?

以下に挙げるショップは世界に浸透させる影響力を持っているパリのコンセプトストアであり、取扱商品ラインナップやディスプレイの傾向は必ず見ておくべきポイントです。

1 2 3 4 5

中小機構 ロゴ