海外進出ノウハウ 近畿本部

海外進出前に現地の「労務問題」を考えておくべき理由

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

海外ビジネスを行う上で、進出先の日系企業間ではメジャーなテーマでありながら、国内で意外と重視されていないのが「労務問題」です。

ここでは、海外進出前に現地の「労務問題」を考えておくべき理由について説明します。

はじめに

既に海外進出を経験している企業でも、「労務書類はA国で使用している物があるのでそれを流用します」と言われることがあります。国が違えば当然、法律も異なります。にもかかわらず、書類の流用に危険性を感じないというのは、進出国への事前準備が足りていないと言わざるを得ません。また、進出前からリスクを背負うことにもなります。

 

実は注目度の高い労務問題

海外では、日系企業向けに「労務セミナー」が開催されると、申込過多ですぐ受付終了してしまうほど人気のテーマです。

また、進出先の国で「労働法」の一部でも改訂、ましてや全体的な改正が行われるとなると、各企業による事前の情報収集活動が始まります。

現地の日系法律事務所やコンサルタントは発効前から原文を求め、日本語訳された改正労働法は日系企業内でいち早く共有されます。さらには現地の商工会議所が、改訂内容の詳細説明を行うためのセミナーまで開くという徹底ぶりです。

海外進出前に、現地の「会計・税務」の概要は事前に調べる企業が多いと思います。進出後は現地の会計事務所と顧問契約を交わし、サポートしてもらうケースも多いでしょう。それに対して「労務問題」は、日々の業務の中で発生する(もしくは「発生している」)問題であり、外部機関に相談する間もなく即断を求められることもあります。事前にリスクを回避するため、日系企業は労務問題へのアンテナを常に張っているのです。

 

「東南アジアは解雇が難しい」は本当か

現地の日系企業では、「労働契約書」「就業規則」「賃金テーブル」を「三種の神器」と呼んでいます。

それ程までに現地では重要性が認知されていながら、日本国内で「現地法人の労務問題」に関するセミナーを企画する団体は多くありません。中小機構に相談に来られる方の中にも、労務関連を重視していないケースはよく見られ、いまだに「泳ぎ方は現地で覚えろ」という企業が後を絶たないのが現状です。そういった企業の多くが、伝聞の情報で耳年増になってしまっています。例えば、「東南アジアでは従業員を解雇しづらい」などの言葉がひとり歩きしているのです。

実は東南アジアだけでなく、日本も「解雇」には非常に敏感な国の一つです。皆さんも国内で「不当解雇」を争う裁判のニュースを見たことがあると思います。日本では2003年の労働基準法改正の折に、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」という規定が盛り込まれました。「社会通念上相当である」という文言が難しい判断基準となり、多くのケースで雇用者と被雇用者側の和解が成立しています。

しかしなぜか海外に行くと、さもその国だけが商習慣として「解雇の難しい国」と言われてしまうのです。進出国にも現地の法令が有り、それに即した労務対策が存在しています。労務関連の現地調査や現地法令調査をしっかりと行っていれば、このようなイメージだけが先行することはなくなります。

 

労務トラブルを防ぐために

労務対策は常に「転ばぬ先の杖」と考えてください。「泳ぎ方は現地で覚えろ」という考えでは、労務問題が発生してから後手の対応となるため、ダメージも大きくなります。最低限、現地法人設立までに「労働契約書」「就業規則」「賃金テーブル」の「三種の神器」は、設置準備を完了しておきましょう。

加えて、駐在員の現地商習慣の理解と、「会計・税務」と同様に現地労働法も勉強しておくことをお勧めします。そういった事前準備が、将来的な現地法人の発展に繋がっていくのです。

 

おわりに

中小機構では、各国の商習慣や労務問題に精通した専門家が常駐し、進出前はもちろん、進出後においても質問・相談対応を行っています。無料で何度でもご相談頂けますので、現地の労務問題でお悩みの場合には、中小機構の国際化支援サービスをご利用ください。

中小機構近畿本部 国際化支援アドバイザー 河原 光伯

 

中小機構について

中小機構では、河原アドバイザーをはじめ国内外350名の専門家体制で、海外ビジネスに関するご相談を受け付けております。

ご相談内容に応じて、海外現地在住のアドバイザーからの最新の情報提供やアドバイスも行っております。ご利用は「何度」でも「無料」です。どうぞお気軽にお申し込みください。

海外展開ハンズオン支援

※ご利用は中小企業に限らせていただきます。

 

【Disclaimer 免責条項】本コンテンツの複製・転載を禁じます。本コンテンツの情報提供に関し利用企業に損害が生じても当機構はその責任を一切負いません。アドバイザーは情報提供の内容に関し、故意又は重大な過失ある場合を除いて利用企業に損害が生じてもその責任を一切負いません。

中小機構 ロゴ