海外進出ノウハウ 近畿本部

グローバルサプライチェーンを再構築する方法

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

昨今の外部環境の変化により、従来の「国境を越えた付加価値への追求」に重きを置いた「効率最優先型」から、突発的な事態にも柔軟に対応できる「臨機応変型」への戦略転換が求められています。

ここでは、企業としてサプライチェーンをどのように再構築していくべきか、その方法を説明します。

「効率優先型」から「臨機応変型」へ

グローバル化により、諸外国との経済的結びつきは飛躍的に深まっています。2001年、中国がWTO(世界貿易機関)に加盟して以降、「第3国から輸入した原材料を中国で加工し、他国に輸出する」という形態が1つのトレンドとなりました。

一般社団法人・日本自動車部品工業会の統計によると、2018年の日本の自動車部品輸入額2兆5600億円のうち、中国からの輸入は30.1%と突出しています。

また、下記の図からも分かる通り、輸送機械と情報通信機械の2業種を筆頭に、海外生産における中国の割合は高くなっています。

しかし、昨今の外部環境の変化により、従来の「国境を越えた付加価値への追求」に重きを置いた「効率最優先型」から、突発的な事態にも柔軟に対応できる「臨機応変型」への戦略転換が求められています。

2020年10月、菅義偉首相はベトナムにおける演説で「日本企業のサプライチェーンを各国に分散させる」旨の発言をしました。この方針は、「臨機応変型」への転換をより一層加速させると思われます。

では、企業としてサプライチェーンをどのように再構築していくべきか、説明していきます。

 

供給候補国における、原材料の輸入依存度(FVA)を知る

供給候補国(中国など)が、企業の購入対象となる(半)完成品用の原材料を第3国からの輸入に大きく頼っている場合、当然ながら調達リスクは大きくなります。

この「原材料の輸入依存度」は「FVA」(Foreign Value Added:国外付加価値) という数値で示されます。この数値が38%以上であれば「高リスク」、30~38%で「中リスク」、30%未満は「低リスク」と考えるのが一般的です。

供給候補国として望ましいのは、FVAで示される「原材料の輸入依存度」が低い国といえます。

(1) FVA 38%以上:「高リスク」
(2) FVA 30~38%:「中リスク」
(3) FVA 30%未満:「低リスク」

 

供給候補国の輸入先の集中度(HHI)を知る

供給候補国(中国など)において、関連する原材料の輸入国(第3国)が偏っている場合も、調達リスクは大きくなります。

この「原材料の輸入国の集中度」は、「HHI」(Herfindahl-Hirschman Index:寡占度指数)で示すことができます。HHIは、輸入に占める各相手国のシェアの2乗を合計した値で算出します。

HHI数値が2,500以上であれば「高リスク」、1,500~2,500で「中リスク」、1,500未満は「低リスク」と考えるのが一般的です。供給候補国として望ましいのは、HHIの値が小さい国ということになります。

(1) HHI 2,500以上:「高リスク」
(2) HHI 1,500-2,500:「中リスク」
(3) HHI 1,500未満:「低リスク」

なお、供給候補国を選定する際、その国と購入国(日本など)が、政治的・経済的に友好関係であることが前提条件となります。

 

その他の押さえるべきポイント

ここまで、サプライチェーンを再構築するために重要な要素を説明しました。ほかに、あると望ましいのが以下の4点です。 

  (1)最終市場に近い地域での在庫保有
  (2)新たな調達先の探索
  (3)複数の輸送手段の確保
  (4)モノと情報の見える化および一元管理

現状の激しい環境変化をチャンスと捉え、ぜひとも「臨機応変型のサプライチェーン」へ方向転換してみてください。

 

おわりに

中小機構では、各国・各分野の専門家が常駐し、国際化支援サービスを行っています。無料で何度でもご相談頂けますので、お気軽にご利用ください。

中小機構近畿本部 国際化支援アドバイザー 小峰 潤

 

中小機構について

中小機構では、小峰アドバイザーをはじめ国内外350名の専門家体制で、海外ビジネスに関するご相談を受け付けております。

ご相談内容に応じて、海外現地在住のアドバイザーからの最新の情報提供やアドバイスも行っております。ご利用は「何度」でも「無料」です。どうぞお気軽にお申し込みください。

海外展開ハンズオン支援

※ご利用は中小企業に限らせていただきます。

 

【Disclaimer 免責条項】本コンテンツの複製・転載を禁じます。本コンテンツの情報提供に関し利用企業に損害が生じても当機構はその責任を一切負いません。アドバイザーは情報提供の内容に関し、故意又は重大な過失ある場合を除いて利用企業に損害が生じてもその責任を一切負いません。

中小機構 ロゴ