海外進出ノウハウ 近畿本部

経済連携協定(EPA)、利用してますか?

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

EPA(Economic Partnership Agreement / 経済連携協定)とは、日本と諸外国の貿易・投資の自由化や円滑化を進める協定です。ちなみに海外では、EPAよりもFTA(Free Trade Agreement)という用語が一般的に使われています。

ここでは、EPA(Economic Partnership Agreement / 経済連携協定)の特徴や注意すべきポイントなどを説明します。

 

EPAには様々なメリットがあります。海外取引に従事する企業にとって特に重要なのが、貨物の輸入関税が下がる(またはゼロになる)というものです。これをEPA特恵関税と言います。

例えば関税率20%の貨物を、A国の港渡し価格(CIF)で1億円分輸出するとします。A国に輸入する際、1億円の20%に当たる2千万円相当の関税が課せられます。その輸入関税は、輸入者である現地企業側が支払うことになります。

もし日本とA国の間にEPAが結ばれていて、貨物が特恵関税の対象だとしたら、輸入関税は下がるかゼロになります。関税がゼロになるということは、2千万円分の製造原価低減に等しいわけで、かなり大きな効果です。

ただし、無条件で輸入関税が下がることはありません。EPA特恵関税の適用を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

日本とEPA協定を結んでいる相手国・地域かどうか?

2021年1月現在、日本とEPA協定を結んでいる国や地域は21あります。以下のマップの緑の部分がEPAを利用できる、あるいはEPA署名済みの国や地域です。(外務省HP:「日本のEPA・FTA等の現状」より)

出典:外務省(緑が発効済・署名済、赤が交渉中)
出典:外務省(緑が発効済あるいは署名済、赤が交渉中)

EPAは、1)シンガポール、2)メキシコ、3)マレーシア、4)チリ、5)タイ、6)インドネシア、7)ブルネイ、8)ASEAN全体、9)フィリピン、10)スイス、11)ベトナム、12)インド、13)ペルー、14)オーストラリア、15)モンゴル、16)TPP11、17)日EU・EPA、18)TPP12(署名済)、19)米国、20)英国、21)RCEP(署名済)との間で存在しています。(2021年1月13日時点)

中国や韓国向けにEPAを利用したいと相談を受けることがありますが、現時点でこの両国とのEPA利用は、2020年11月に署名されたRCEPの発効を待つ必要があります。RCEPの発効には、ASEAN加盟国のうち5か国、非ASEAN加盟国(日、豪、ニュージーランド、中、韓)のうち3か国、の議会で批准することが求められます。

そのEPAが適用されるHSコードは何年版ですか?

HSコードは5年ごとに見直されます。2021年現在のHSコードは2017年版です。2017年版ではハイブリッドカーに独自のHSコードが割り振られました。(2017年版以前のHSコード~2012年版、2007年版、2002年版~にはハイブリッドカーは乗用車の「その他」というコードに含まれていました)

品目によっては年度でHSコードが異なるため、どのEPA協定を利用するか、その協定ではどの年度のHSコードが適用されるのかをしっかり確認してください。前項で挙げた17のEPA協定のうち、1)から9)は2002年版、10)から13)は2007年版、14)から16)および18)と21)は2012年版、17)と19)および20)は2017年版のHSコードが適用されます。(2021年1月時点)

HSコードを調べるには税関のサイトを利用します。

税関:輸出統計品目表

*HSコードの年度に4を加えた年の輸出統計品目表を参照してください。2007年版ならば2011年の輸出統計品目表を参照します。

*貨物の輸入関税率を決定するのは「輸入国の税関職員」です。正確なHSコードを知るには、輸入国のパートナーが輸入国税関に当該貨物のHSコードを問い合わせる必要があります。ただし、その貨物をすでに輸入した実績がある場合、輸入通関書類からHSコードを確認することができます。

該当品目は関税引下げ対象でしょうか? また、何%下がりますか?

関税の引き下げ率はEPA協定によって異なります。EPA関税の方が通常の関税より高くなることもあります。

先ほど述べたHSコードを使って、「どの国や地域向けの関税が何%下がるか」を確認できるツールを紹介します。

1)World Tariff :クーリエ便FedExが提供するサービスです。ジェトロと契約しているため、日本からは無料で利用できます。事前のユーザー登録が必要。検索に必要なHSコードは4桁です。

2)ITC Rules of origin facilitator :このサイトでは関税率のほか、日本と相手国間にいくつのEPA協定が結ばれているか、通常の関税率(=MFN税率)、各EPAを利用した場合の関税率が同一ページに表示されます。英語サイトですが、輸出国(日本)と輸入国、製品名(またはHSコード)の入力で簡単に検索できます。利用は無料。ただし1年前のEPA税率が表示されることもあるため、World Tariffとの併用をお勧めします

関税引下げに必要な手続きを取る

上記では、以下を説明しました。 

  • 日本と当該品目の輸出先との間にEPA協定が存在するかを確認する
  • 品目のHSコード(年度にも注意)を調べる
  • 通常の関税率よりもEPA関税率の方が低いことを調べる

次に必要なのは、 

  • 当該品目がEPA協定での「原産性を満たすか」どうかを確認する ことです。

EPA協定では「原産性」(日本製)についての条件が定められているため、その規則に従って「日本原産」であることを証明しなければなりません。 主に、「サプライヤー証明書」が必要な「農水産品」(肉、水産品、青果物、鉱物、他)と、「サプライヤー証明書」が必要でないこともある「加工品」(工業品、加工食品、他)、に大別することができます。

サプライヤー証明書が必要ない品目の原産地証明で代表的な方法は、当該産品のHSコードと、産品を構成する部材のHSコードを比べ、HSコードの上2桁・4桁・6桁が違っていればOKというものです。

例えば写真のはさみのHSコードは821300ですが、はさみを構成する部材のステンレス鋼は722240、鉄鋼製のねじは731815、持ち手のプラスチック部分は390730です。はさみのHSコードと構成部材のHSコードが上2桁・4桁・6桁の全てで異なっています。こうした場合に、「日本で実質的な変更がなされた」とされ、日本原産と見なされます。

 

各品目の原産性のルールを知るには?

税関の「原産地規則ポータル」で調べることができます。該当するEPA協定にチェックを入れ、当該品目のHSコード6桁を記載してから上部にある検索ボタンをクリックしてください。

原産地証明の手順を知るには?

日本商工会議所の「EPAに基づく特定原産地証明書発給事業」ページに作業フローが詳しく説明されています。日本が結んでいるEPA協定のほとんどは第三者証明という方式を採用しており、日本商工会議所が発給する「特定原産地証明書」のみが有効な書類となっています。

原産性の自己証明について

前項に記載した第三者証明ではなく、原産性の「自己証明」を採用しているのがTPP11 (CPTPP)、日EU、日米貿易協定(輸入者による証明のみ)、日英EPA、日豪(日豪は第三者証明も選択可)です。これらのEPA協定では第三者証明の方式が利用できないので、企業自らが責任をもって証明する必要があります。

ただし、産品の原産性を証明する根拠書類の作成は、自己証明でも第三者証明でも変わりないため、基本さえ押さえておけば大丈夫です。

EPA特恵関税を利用した輸出先国での関税引下げ方法や、日本に輸入する際の関税引下げ方法について、中小機構の窓口でも相談を受け付けています。無料で何度でもご利用頂けますので、お気軽にご相談下さい。

中小機構近畿本部 国際化支援AD 芳賀淳

中小機構について

中小機構では、芳賀アドバイザーをはじめ国内外350名の専門家体制で、海外ビジネスに関するご相談を受け付けております。

ご相談内容に応じて、海外現地在住のアドバイザーからの最新の情報提供やアドバイスも行っております。ご利用は「何度」でも「無料」です。どうぞお気軽にお申し込みください。

海外展開ハンズオン支援

※ご利用は中小企業に限らせていただきます。

 

【Disclaimer 免責条項】本コンテンツの複製・転載を禁じます。本コンテンツの情報提供に関し利用企業に損害が生じても当機構はその責任を一切負いません。アドバイザーは情報提供の内容に関し、故意又は重大な過失ある場合を除いて利用企業に損害が生じてもその責任を一切負いません。

中小機構 ロゴ