EU

EUの富裕層へ向けた日本製品進出可能性調査レポート(イギリス編①-ファティマ・アル・エブラヒム氏-)

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

 みなさんは「富裕層」と聞いて、どのような方が思い浮かぶでしょうか。近年、「当社の製品を海外の富裕層に売りたい!」という中小企業の方々からのご相談が増えてきています。このレポートでは、中小企業の方々が富裕層に向けた海外展開を計画するうえで、そのターゲット像の具体化に資するべく、富裕層と呼ばれる方々のお気に入りのものやライフスタイル、お勧めのショップなどをインタビュー調査し、まとめたものです。みなさんの商品開発やマーケティングのお役に立てれば幸いです。
 なお、このレポートは2018年に執筆されたものであり、現在の状況と異なる可能性があることをご了承ください。

ファティマ・アル・エブラヒム氏(Ms.Fatemah el Ebrahim)

プロフィール

 氏名: ファティマ・アル・エブラヒム(Fatemah el Ebrahim)
 年齢:36歳
 職業:インテリアデザイナー/コーディネーター
 家族構成:5人家族
 (子供は男の子3人:5カ月、3歳半、9歳)
 自宅エリア:ロンドン・ベルグラビア地区ウィルトンクレセント
 職場エリア:フリーランスのためプロジェクトによる
 住居の間取り:3ベッドルーム、2バスルーム、2リビングルー  
 ム、キッチン
 車所有台数:1台(旦那様が主に運転されるレンジローバー)
 使用する言語:英語/アラビア語/イタリア語

両親が望んだ弁護士という仕事

 中東のクウェート出身です。以前は弁護士として大使館に勤務していたんですよ。弁護士はやりがいのある仕事ではありましたが、自分の意志というよりは両親の希望により進んだ道でしたから、心から楽しんだことはなかったかもしれませんね。そんな生活の中で、ずっと思い描いていた別の職業への夢が膨らみ始めたのです。

幼少期からの夢インテリアデザイナー

 ローマに5年住んだ後、ロンドンへ引っ越しました。もう7年程になります。私は自分の部屋の模様替えが大好きな子供でした。6歳ぐらいからですか。よくああでもない、こうでもないと試行錯誤しながらやっていたのを、今でもはっきりと覚えています。面倒くさいと思う人もいると思いますが、私はそれが楽しくて仕方がなかった。その時のワクワクした気持ちは今でも鮮明に覚えています。今思うと、幼い頃から自分のやりたい事が見えていたのだと思います。その夢を叶えるためにロンドンで「KLC School of Design」へ通ってインテリアデザイナーの学位を取得、フリーランスのインテリアデザイナーになりました。現在はロンドン、ローマ、クウェートの富裕層向けインテリアデザインを担当しています。

生活スタイル

仕事は詰め込まない

 仕事はフリーランスのため不定期です。好きで始めたインテリアデザイナーという仕事なので、その好きな気持ちはいつまでも持ち続けていきたいんです。お金のために仕事をしているわけではないので、スケジュールはあまり詰め込まないようにしています。仕事とプライベートのバランスが大事ですからね。睡眠時間は1日6時間程度。健康的な生活を心がけていて、週2回ジムでピラティスをしています。
 趣味を仕事にしたようなものなので、息抜きをする時もアート・デザイン関連が多いですね。アンティークマーケットや家具店を定期的に訪れて、新しいデザインのアップデートをしつつ、常にインスピレーション・感性的刺激を受けるようにしています。

料理もアートです

 料理は大好きで週4回くらいは自分でキッチンに立ちます。新鮮な食材で短時間でできるイタリア料理が好きですね。仕事で忙しいことが多いので、いかに効率よく料理できるかは私にとってすごく大切なことなんです。料理にもアート的要素があるので、ここから仕事につながるインスピレーションを得ることもありますね。

ナチュラル&ヘルシーがテーマ

 週末には主人と一緒にレストランで食事をすることも多いですが、基本的に外食はヘルシーではないと思っているのであまり好きではありません。ナチュラルでヘルシーな食事をするように日々心掛けています。子供たちも含めてジャンクフードは厳禁です。子供たちのおやつにもナッツ・フルーツ・野菜など、フレッシュで安全なものを選んでいて彼等もヘルシーなものが大好き。イタリアにもアパートを持っているのですが、イタリアのスーパーは素晴らしいですよ。フレッシュでオーガニックな食材が簡単に手に入ります。ロンドンは加工済みの食品が多いのが難点ですね。サプリメントなど人工的なものは好きではありません。自然療法が好きなので薬もあまり飲みませんね。

厳選した人付き合い

 友人は自分が本当に好きな人だけです。敏感な性質なので、自分と合わない人と一緒にいると悪い意味で影響を受けてしまうんですよ。キラリと光るオリジナリティを持った人に惹かれますね。いろんな国の人がいますよ。モンゴル出身の友人もいますが、不思議なことに私たちクウェート人と笑いのツボが一緒なんです。友人とは週に1回か2回は会うようにしています。ベビーシッターも信頼できる友人からの紹介なんです。毎日来てもらってとても助かっています。

公園や田舎でリフレッシュ

 ロンドンという大都市での生活は刺激的だけどとても疲弊するものです。疲れた時は公園や田舎に出かけて息抜きをするようにしていますね。幸いすぐ近くにハイドパークという大きくて自然豊かな公園があるので重宝しています。

住居の印象

ロンドン屈指の高級住宅街

 私たちの住居があるロンドン・ベルグラビア地区は、ハイドパークが見える距離にあり、各国大使館に囲まれた地域です。徒歩圏内に小さくてお洒落なお店がたくさんあるので、この地域だけで生活できるんですよ。すぐ近くにお気に入りのスーパーやチーズ屋さんがあって、とても便利です。

無駄なものを一切省いた高級感あふれる部屋

 家の間取りはベッドルームが3つ、バスルームが2つ、リビングが2つとキッチンです。どの部屋もシンプルで無駄がないというのが特徴だと言えますね。必要最低限のインテリアが私の理想。こういうスタイルの部屋で過ごすと落ち着いてリラックスできるので、健康上も良い影響があると思っています。見て頂くと分かるように、壁にも天井にも余分なものは一切ありません。例えば、天井には照明がなく、ダイニングテーブルの近くに大きなリング状の照明を置いています。写真も一切ありません。壁や棚に個人的な写真を飾ることはあまり好きではないんです。部屋全体のテイストがぶれてしまうので。その代わりに私自身が描いた絵画をいくつか飾っています。この部屋に合う私好みの絵画をずっと探し続けているのですが、なかなか見つからないんですよ。私もこの部屋に対するこだわりがあるので、運命の一品に出会うまでは自分の絵を飾ることになりそうですね。壁は白壁を基調にしていて、そこにジョージアン様式のパネリングが施されています。

キッチンは家族が集まる大切な空間

 家の中にある家電は冷蔵庫、洗濯機、食洗器、オーブン、ガス台くらいでブランドは全て「ボッシュ(Bosch)」です。以前は子供用にテレビがあったのですが、最近家中のテレビを全てなくしました。生活に必要なものではありませんからね。
 キッチンには大きな窓があるのが特徴で、そのおかげでキッチン全体が明るく風通しの良い空間になっています。家の中心に位置しているので家族全員が集まりやすく、忙しい生活を送る私たちにとってとても大切な場所なんです。ここで料理しながら日々の出来事を共有するのが大好きです。キッチン内にも必要最小限の物しか置いていません。そうすることで調理中の無駄を省き、掃除をするのも苦にならないんですよ。私の一番のお気に入りキッチン用品はNurtiBulletの直高速ブレンダーで、スープやジュース、野菜ドリンクや赤ちゃんの離乳食用に大活躍です。スピーディーかつ効率的に調理ができ、場所を取らず、掃除しやすいので、私のライフスタイルにピッタリ。

持ち物を拝見

日本の本と不完全なものたち

 「わびさび(Wabi-Sabi)」という日本の本が私のお気に入りです。不完全であっても自然のものを大事にする精神に共感できるんです。自然は本来不完全であるという気付きもありました。不完全なものの裏に隠されたストーリー性や歴史に魅力を感じるんです。これはビンテージの家具などにも通じることで、新しいものにはない圧倒的な何かがあるんですよ。セラミックの置物も多く飾っていますが、その不完全さに惹かれるという点では同じですね。

買い物について

品質とオリジナリティ重視

 いわゆる有名ブランドは好きではありません。他の人と同じものを持つのが嫌なんです。ブランドにはこだわらず、高品質でありながら、あまり知られていないメーカーの物が好きですね。良いものは長持ちするんですよ。オリジナリティのあるもの、他と違ったものが好きな点は私の信念のようなものですね。よく行くスーパーは「セルフリッジズ(Selfridges)」。高品質でセンスの良いものが集まっています。食料品は「ウェイトローズ(Waitrose)」や近所にある「ファイン・チーズ・カンパニー(Fine Cheese Company)」で済ませることが多いです。今までで一番高価な買い物はブルガリのビンテージ腕時計、ブシュロンやヴェルニエ(イタリア)のジュエリー、シャネルのクラッチバッグなどですね。

プレゼントは直感で

 誰かに贈り物をすることはとても意味のある事だと思っているので大好きです。プレゼントを買うという目的で買い物に行くというよりも、何かをふと目にした時に友人の顔が思い浮かんで、よし、これをプレゼントしようと思うことが多いですね。誕生日プレゼントとして良く選ぶのは本やキャンドルで、フランスの有名ブランド「マド エ レン(Mad et len)」のキャンドルがお気に入りです。

情報収集方法

メディア嫌いです

 テレビも見ませんし、新聞にも目を通さなくなりましたね。友人の欄でもコメントしましたが、敏感な性質なので、悲しいニュースを目にすると一日中影響を受けてしまうんです。SNSも基本的には嫌いで、インスタグラムだけが唯一楽しめるオンラインメディア媒体ですね。アート・デザイン関係の物が多く挙げられているので、見ていて楽しいんですよ。日本人で言えば、高田朋佳(たかだともよし)氏のファッションが好きで彼のインスタグラムをフォローしています。最近は仕事が忙しくて本や雑誌を読む時間がなかなか取れませんが、空いた時間に読むお気に入りはCerealとKinfolkというライフスタイル誌。本については、家族や友人のお勧めを読むように心がけています。

日本文化に対して

インスピレーションを感じられる場所

 残念ながら日本に行ったことはありませんが、アジアの中では一番行ってみたい場所です。自然や日本家屋、建築、生活様式、ファッションなど、インスピレーションを掻き立てられる要素が多いと感じるんです。日本のお茶も好きで自宅でよく楽しんでいます。ロンドンにある「青山フラワーマーケット(Aoyama Flower Market)」の花は他のものと一味違っていて大好きですよ。

日本企業もウェルカム

 私自身、日本のわびさびの精神や自然、独特のファッションなどが好きなのもあって、日本のインテリアにも興味があります。ヨーロッパでは手に入らない、日本独自のデザインは確かに存在しますからね。もし興味がある日本企業・メーカーさんがあれば、いつでもウェルカムです!

成功者・富裕層の定義

成功する人は情熱を持ち合わせている

 成功者とは、自分の携わっていることや仕事をより良いものにするための努力を惜しまない人のことを指すと思います。学習し続け新しいことに挑戦する情熱を常に持ち合わせており、他の人とは違う存在になろうという野望を持っている人ですね。
 富裕層は必ずしも働き者とは限りません。何かを生み出すことよりも消費することが好きな人も多い気がします。お金が十分にあって自分の情熱を持ち合わせているのであれば、その資産を科学や人道的目的に使うということもできると思うのですが…

1 2 3

中小機構 ロゴ