Tag

海外EC販売方法

Browsing

 

本稿では空調設備の製造・販売を行っている企業を題材とし、自社の製品を海外で販売するにあたり現地の販売代理店の発掘やエンドユーザーへの認知度拡大を目的として、見込み客の獲得から育成までリアルな営業活動の補完的役割を果たすWebサイトを構築・運用するためのプロセスや手法についてSTEP BY STEPで説明します。

キコウ醤油店は、テリヤキソース、ポン酢など日本では馴染み深い様々な調味料を製造・販売しています。 3年前からEU向け輸出に取り組み始めミラノの展示会に出展。顔なじみの現地バイヤーも徐々に増えてきました。 ただ、展示会に持っていける商品点数には限りがあります。そこで、現在50種類を超える商品をWeb上で紹介できる様なバイヤー向け商品カタログサイトを作り、展示会後のフォローアップにも活用したいと考えています。

地場の伝統工芸品である虎ノ門焼の製造・販売を行っている虎ノ門窯。 日本に旅行に来た際にお土産として購入したイギリス人女性がフェイスブックに写真を投稿したことからお店に訪れてくれる外国人が増えてきました。そこで、海外ECモールで販売しながら、自社ではSNSを活用し虎ノ門焼ブランドを海外の人達にもっと広く知ってもらえる様にできないか、と考えるようになりました。

東京の下町にて親子で営む畳店

森田畳店は1934年の創業以来、東京都荒川区で親子3代にわたって事業を営んできた畳屋である。

畳というのは、おおまかにいうと、芯にあたる「畳床(たたみどこ)」、表面に貼り付ける「畳表(たたみおもて)」、縁につける「畳縁(たたみぶち)」から構成される。この畳は、新築あるいはリフォームの際に、建物の寸法に合わせて新しく作られた後、色あせや傷みが出てきたらすぐに交換するのではなく、畳表を裏返す「裏返し」、畳表そのものを交換する「表替え」を行い、畳床が傷んではじめて「新調」するという過程をたどる。こうした畳の寿命に合わせて、工務店や一般家庭などからの注文に応じて作業を行うのが、畳屋の仕事である。

森田畳店では、二代目の森田精一氏とその息子の隆志氏と通いの職人の合計3名で、採寸、畳床のカット、畳縁の縫い合わせ、敷きこみといった作業を分担して行っている。手作業が多いため、一日に仕上げられる数には限界があるので、大規模な仕事を請け負った時は、地元荒川区の組合加盟の畳屋に協力してもらったり、逆に仲間が多忙な時には助人に入ったりと、地域内で助け合いながら事業を営んでいる。

①インターネット利用率とデバイス

スマートフォン・タブレットともに高い利用率
・2015年のインターネットの利用率は87.4%と高く、インターネット人口は2億7,874万人に達する
・スマートフォンの利用率は緩やかに伸長し2016年には80.9%。タブレットも同様に51.4%となり、半数の人が利用している
・モバイル端末の利用率は、今後も緩やかに拡大が見込まれている

①各国国内での利用決済手段

・中国は第三者決済、台湾はコンビニ支払い、その他はクレジットカード決済が主流
・中国人消費者は偽物や不良品などのリスクを避けるため、第三者決済(Alipay)を利用したがる
・台湾は生活スタイルの変化により、コンビニ支払い・受け取りを選ぶことが多い
・ほとんどの国はECでクレジットカードを利用することに慣れている

中小機構 ロゴ