Tag

国の概況と動向

Browsing

①インターネット利用率とデバイス

高いインターネット普及率。PCよりも高いスマートフォン普及率。
・2014年のインターネット普及率は82.0%、インターネット人口は449万人。
・2014年のスマートフォン普及率は、欧米諸国よりも高く、アジア太平洋地域においても香港とともに最も高い。

<ディストリビューター選定時>

1.候補者のリスト作り

ディストリビューター候補となり得る現地企業を種々ソースからピックアップする。情報ソースとしては、例えば、次のようなものも使える。
a)B2Bビジネスマッチングへの参加、
b)現地日本大使館、
c)JETRO、
d)現地業界別企業ダイレクトリー、
e)現地イエローページ、
f)(起用する)商社情報等

①インターネット利用率とデバイス

スマートフォン・タブレットともに高い利用率
・2015年のインターネットの利用率は87.4%と高く、インターネット人口は2億7,874万人に達する
・スマートフォンの利用率は緩やかに伸長し2016年には80.9%。タブレットも同様に51.4%となり、半数の人が利用している
・モバイル端末の利用率は、今後も緩やかに拡大が見込まれている

①インターネット利用率とデバイス

・携帯電話からの利用率が9割超、PCを上回る
・インターネットの利用率は50.3%と低いが、インターネット人口は6億8,826万人に達する
・インターネット利用のデバイスは、携帯電話が90.1%と高く、タブレットは31.5%とまだ低い
・特にモバイルでのインターネット利用が増加傾向で、今後もインターネット人口の拡大が予想される

「フリーゾーン」(FZ)とは、外国企業の自国への誘致を狙い、拠点進出に伴う様々な法的・税制面での優遇措置を整備している経済特区のことです。 通常、オフショア扱いとされています。ここではGCCの中でもフリーゾーン政策が最も発達しているUAEのドゥバイ首長国のケースを見てみましょう。

輸出数量が順調に拡大した段階で拠点を設置する場合、一義的目的として、「代理店の管理・監督と育成・指導(メーカー/輸出者が志向するマーケティング方法の実現を目指して)」の為には、先ずは、駐在員派遣が有効であると考えられます。
更には、「域内、フリーゾーン(FZ)に在庫を保有することにより、代理店への短期納入体制」を整え、 顧客満足度の向上(最終顧客への納期短縮)を図れるでしょう。
GCC各国ごとに外資法/会社法等で規定される詳細は多少異なりますが、ここではUAEのケースを概観します。
実際に進出を決定される際には、現地弁護士への相談が必須です。

当該商品のGCC市場に於ける「市場性」の調査が先ず必要です。又、初めて現地市場に進出する場合には、代理店を起用して販売を開始することが一般的である故、最適な代理店の発掘調査も必要となります。以下に、本邦にて可能な事前調査と現地にて行うべき現地調査とを分けて概観したいと思います。尚、初めて輸出取引を手掛けるという企業である場合、英語でのコレポン/契約書作成/交渉/輸出実務等ある程度の習熟度を求められる実務が必要となるので、中東向けビジネスの実績を有する貿易商社を起用することも検討に値すると思われます。

中小機構 ロゴ