Tag

シンガポール

Browsing

こだわりの弁当・惣菜でチェーンを展開

持ち帰り弁当や定食屋レストランを運営するアイチフーズは、1981年に、現社長である森谷明弘氏が札幌市で設立した。当初は、全国チェーンのフランチャイジー(加盟店)として、寿司や弁当、おにぎりなどのテイクアウト店を運営していたが、チェーン本部が弱体化してきたため、約3年で脱退。その後は、蓄積したノウハウをもとに、自社ブランドの立ち上げや買収などで、持ち帰り・宅配弁当チェーン「ベントス」、和食レストラン「定食屋ジンベイ」や蕎麦処「はまなす」など次々と新たなブランドを展開し、事業を拡大。現在は北海道内を中心に直営とフランチャイズで約35店舗を展開・運営している。

①インターネット利用率とデバイス

高いインターネット普及率。PCよりも高いスマートフォン普及率。
・2014年のインターネット普及率は82.0%、インターネット人口は449万人。
・2014年のスマートフォン普及率は、欧米諸国よりも高く、アジア太平洋地域においても香港とともに最も高い。

①各国国内での利用決済手段

・中国は第三者決済、台湾はコンビニ支払い、その他はクレジットカード決済が主流
・中国人消費者は偽物や不良品などのリスクを避けるため、第三者決済(Alipay)を利用したがる
・台湾は生活スタイルの変化により、コンビニ支払い・受け取りを選ぶことが多い
・ほとんどの国はECでクレジットカードを利用することに慣れている

急速な利用率増加に見える、中国インターネットビジネス拡大ポテンシャル

・中国では、モバイル端末の普及により、急速にインターネット人口が増加。未だ利用率が50%であることを鑑みると、今後の拡大ポテンシャルは大きい。
・他5ヶ国についてはすでに80%以上の利用率となっており、今後の増加は減速傾向。

中小機構 ロゴ