アメリカ オーストラリア シンガポール 中国 台湾 現地レポート 韓国

越境EC、海外進出における主要6か国の比較~決済環境~

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

①各国国内での利用決済手段

・中国は第三者決済、台湾はコンビニ支払い、その他はクレジットカード決済が主流
・中国人消費者は偽物や不良品などのリスクを避けるため、第三者決済(Alipay)を利用したがる
・台湾は生活スタイルの変化により、コンビニ支払い・受け取りを選ぶことが多い
・ほとんどの国はECでクレジットカードを利用することに慣れている

 

②越境ECにおける利用決済手段

・越境ECでも現地消費者が慣れている決済手段を提供する動き
・中国人消費者は越境ECでもAlipayを利用しており、事業者側がすでに対応していることがわかる
・米国はデビットカードで購入するケースが多い