マレーシア 現地レポート

「北海道」はブランド/楽天のオンラインショップ〜マレーシアにおける消費トレンド④〜

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr

「“ジャパンコーナー“の展開」に引き続き、マレーシアにおける消費トレンドについてご紹介します。

「北海道」はブランド

伊勢丹の食品売り場のイベント会場で年に何回も北海道フェアが開催されている。伊勢丹のニュースレターJAN 29-FEB25号には見開き2ページに「北海道展 Jan 29 – Feb 6」の広告がある。
全て食品。美味しそうな写真が載っている。参考までに商品と価格を紹介する。

• たらばがに 1.5kg 590リンギ
• デラックス弁当 60-100リンギ
• 牡蠣の燻製 100g 7.00リンギ
• 貝柱 加工品
• ホッケ 40リンギ
• イカ焼き 15リンギ
• たらこ 100g 36リンギ
• いくら 100g 50リンギ
• 焼きとうもろこし 10リンギ
• シーフードコロッケ えびや貝柱入り。16リンギ
• 上善如水などの日本酒

これだけ繰り返し北海道展が開催されるということは根強いファンがいることの証拠であろう。
実際北海道は日本に観光に行くマレーシアの人たちにとってもっとも人気の高い旅行先になっている。景色がいい、花が綺麗ということもあるが、食事の美味しいことが最大の魅力のようだ。シーフード、じゃがいも、ジンギスカン鍋も美味いというが、特に中国系にはラーメンが大人気である。
最近日本に観光に行ったという人の目的地は50%以上が北海道である。特に冬に子供達に雪とスキーを体験させる旅行が流行っている。従来は中国系の人たちが好んで北海道に行ったが最近はマレー系の旅行客が増えている。豚肉を使わないラーメンを食べてみて、いっぺんにラーメン好きになってしまったマレー人も少なくない。
北海道への旅行客が増えたのは、格安航空のエアアジアが昨年KLから千歳まで直行便が開設したことが大きい。
昨年マレーシアからの日本訪問者が30万人を超えるまでに急増したのは従来必要だったビザを撤廃したこと。羽田、関空、千歳にエアアジアの直行便が毎日飛んでいることの効果が大きいということである。エアアジアは世界ナンバーワンの格安航空の座を何年にもわたって占めている。

楽天のオンラインショップ

当地に2012年11月から営業を開始したRakuten Malaysiaのオンラインショップにある商品は「売れ筋商品」、「定番商品」の反映と見ることもできよう。
価格情報も得ることができる情報源である。
決済は各種クレジットカード、インターネットバンキング。発送はPOSLAJUという マレーシア郵便局のEMS、およびG-DEXというクーリエサービスを利用。マレーシアのクーリエは午前中か午後という大雑把な配達予定を知らせて来るが、守られないことが多く、通知もなく翌日という場合がある。
不在だった場合、EMSは指定の場所まで取りに行く必要があり、配送サービスは改善の余地が大きい。(この記事を書いた後に楽天マレーシアはインターネットショッピングから撤退することが発表された。一つの理由は正確に配達してくれる宅配サービスがないこと、と言われている)。

以下の26のカテゴリーの商品を扱っている。

1. Electronics

48,570品目と楽天では最大の品目数。
2. Fashion & Accessory:

32,064品目で二番目の品目数。
3. Health & Beauty:
31,066品目:女性は洋の東西、年齢を問わず、経済状況に関わらずいつの世も美容とファッションにはお金を使う傾向がある。
4. Home

5. Food & Beverage

6. Toy & Game

7. Hobby, Arts & Crafts

8. Pets

9. Movies & Music

10. Books & Magazines

11. Kids Baby & Maternity

12. Bedding

13. Car Safety Seats

14. Children (2-10 years old)

15. Cleaning Care

16. Diapers

17. Feeding

18. Gifts

19. Infants & Young Children (under 2 years of age)

20. Junior (10 years old -15 years old)

21. Maternity & Supplies

22. Nursery

23. Strollers & Accessories

24. Car & Bike

25. Sports & Outdoor

26. Business & Industrial

以下一例として楽天の扱う化粧品のコーナーを紹介する。

韓国化粧品:
http://www.rakuten.com.my/search/korean%20cosmetics/97/?l-id=my_category_search

日本の化粧品:
SK-Ⅱ、資生堂、カネボー、コーセー、Shu Uemuraその他のブランドがデパート、スーパー、自社ブランドの店やネットで販売されている。
マレーシアでのベストセラーの化粧品の一つはSK-Ⅱである。
楽天でも販売されており、「SK-Ⅱのベストセラー商品」というカテゴリーが紹介されている。価格情報が参考になろう。
http://www.rakuten.com.my/shop/beautydehome/category/sk2/?l-id=my_product_breadcrumbs_2

Best Buyのコーナー:
5品目が紹介されていた。最初に出てくる”NUVAFEMME”という有機大豆をベースにした美と健康への効用をうたったサプリが2箱組みでRM189.90で販売。
http://www.rakuten.com.my/category/97/

「日本語フリーペーパーの記事と広告に見るトレンド」へ続く