海外ビジネスナビ | 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

COLUMN

< トップページへもどる

韓国のインターネット利用動向(インターターネット利用率/検索エンジン/SNS/動画サービス)


  • 2017-02-02
  • 国の概況と動向
  • 韓国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

①インターネット利用率とデバイス

高いスマートフォン利用率。

2014年のインターネット普及率は84.3%、インターネット人口4,337万

2015年のスマートフォン契約数は4,142.7万契約で、普及率は83.1%と極めて高い

 

韓国インターネット利用動向b_1

 

 

②検索とSNS

検索、SNSともに自国産のサービス利用者が多い

検索エンジンシェアはPCモバイルともにNAVERが8割弱を占めており、突出して利用者が多い

SNSではKakaoStoryが最も利用されており、自国産のSNSを利用する人が多い

 

 

韓国インターネット利用動向b_2

 

 

③動画サービス

YouTubeが圧倒的な人気であるが、 NAVER TVCastなどが追随

動画サービスは、YouTube、NAVER TVCast、Facebookの順で人気

3か月前と比較すると、Facebookの利用率が6ポイント(83%)増、NAVER TVCastは4ポイント(41%)増に対して、YouTubeは10ポイント(35%)増である

よく視聴するジャンルでは、「芸能」「スポーツ」「ミュージック」等が人気

 

韓国インターネット利用動向b_3

 

一覧へ

トップへもどる