海外ビジネスナビ | 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

COLUMN

< トップページへもどる

シンガポールのインターネット利用動向(インターネット利用率/検索エンジン/SNS/動画サービス)


  • 2017-01-19
  • シンガポール
  • 国の概況と動向
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

①インターネット利用率とデバイス

 

高いインターネット普及率。PCよりも高いスマートフォン普及率。

 

2014年のインターネット普及率は82.0%、インターネット人口は449万人。

2014年のスマートフォン普及率は、欧米諸国よりも高く、アジア太平洋地域においても香港とともに最も高い。

 

 

インターネット利用動向_シンガポール①

 

 

 

 

 

 

②検索とSNS

 

検索、SNSともにグローバルなサービス利用者が多い

 

検索エンジンシェアはGoogleが9割超でほぼ独占

SNSは、グローバルなサービスが上位を占めており、「WhatsApp」や「Facebook」が最も利用されている

中華圏ではあるが、中国系のサービスの利用は多くなく、グローバルなサービスが利用されている

 

インターネット利用動向_シンガポール②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③動画サービス

 

有料サービスではStarHubとSingTle、無料ではYouTube

 

有料サービスの契約数は、StarHubが約54万件で横ばい、一方のSingTelも増加傾向が収まり約42万件で推移。なお、2016年1月からはNetflixもサービスを開始した

無料動画共有サイトではYouTubeの利用率が83%に達する

 

インターネット利用動向_シンガポール③

 

 

 

 

一覧へ

トップへもどる